ニュース

若年女性支援活動「アマヤドリ」5月より横須賀市内で始動

笑顔の20代前半の女性2人が寄り添っている

“束の間の雨をしのぎ、元気を蓄えて社会へ飛び出してほしい”

タウンニュースで 若年女性の立ち直り支援 元養護教諭が拠点設立 という記事が掲載されていました。

葉山町在住の元養護教諭/カメラマンである菊池操さんが、18歳〜29歳までの若年女性が生活できる「ステップハウス」を2021年5月から横須賀市内でスタートします。

コロナ禍で金銭的・精神的に生活に苦しむ20歳前後の教え子たちからの相談を受け、調べてみたところ18歳以上の若者を支援する団体や制度が少ないことを知った菊池さん。
自身の経験と重ね合わせ、家が安心できる場所でない子たちが安心できる家をつくりたいという思いから立ち上げに至ったそうです。
名前の「アマヤドリ」は「束の間の雨をしのぎ、元気を蓄えて社会へ飛び出してほしい」という思いから名付けられました。

2021年5月から本格的に始動する「アマヤドリ」の家は、横須賀市内にある4LDKの2階建の一軒家です。
アマヤドリの家の間取り
画像出典: 一般社団法人アマヤドリ

1階はリビングやキッチン等の共有スペース、2階には3部屋あり、最大7人まで住むことができるようになっています。
寄付により集まった家具家電、フードバンクから提供された食糧が用意されており、その他キャリア支援や相談、料理教室などを受けることができます。
「アマヤドリ」できるのは最長2年を目安にされています。
家賃に関しては入居契約から半年までは前月収入の25%で、それ以降は何人部屋を契約するかによって異なります。その他詳しい費用や詳細は、 一般社団法人アマヤドリの公式ホームページ に記載してありますのでご確認ください。

「アマヤドリ」という名前に込められた思いが素敵です。
コロナ禍で金銭的・精神的に苦しむ女性が増え、特に女性の自殺率が増加している現状があります。
そんな中で「一人じゃない」「誰かが支えてくれる」と思える場所があったらどんなに安心できるでしょうか。疲れてしまったらアマヤドリできる。そんな場所があることを多くの方に知って頂きたいですね。

一般社団法人アマヤドリでは募金・寄付を随時募集しています。
こちらのページ に支援方法が記載されていますのでご覧ください。

 

関連リンク

若年女性の立ち直り支援 元養護教諭が拠点設立 | 逗子・葉山 | タウンニュース

一般社団法人アマヤドリ公式ホームページ

一般社団法人アマヤドリ | Facebook

一般社団法人アマヤドリ | Instagram

一般社団法人アマヤドリ | Twitter

やどかりみさお|菊池操

関連記事

  1. 湘南の海をもっときれいに!藤沢市が水質改善計画を発表
  2. 2017ミス鎌倉が観光PRに向け抱負を語る
  3. 平塚の魅力をPR「第66回 湘南ひらつか織り姫」が決定
  4. Rabbit Park FUJISAWAの屋外エリア 神奈川県・藤沢市に湘南エリア初のラビットラン「Rabbit Pa…
  5. 眞子さまご婚約で注目を集める「湘南 江の島 海の王子」【関連記事…
  6. 新品種トマト「湘南ポモロン」を使った商品開発をスタート
  7. 説明会の様子 神奈川県逗子市 認知症予防事業がスタート【参加申込締切は4月9日…
  8. 「市民マラソンサミットin湘南」に国内外のマラソン大会事務局が集…

新着記事

  1. shonan-zushi-beach-admachic-tengoku-20210509
  2. スマホを操作する手とQRコードイメージ
  3. 仮設足場の組立と解体作業員

おすすめ記事

  1. shonan-enoshima-bikkuriman
  2. shonan-tsujido-premist
PAGE TOP