ニュース

湘南・茅ヶ崎からカンボジアの子供たちへビーチサンダルを

老舗サーフショップ「ゴッデス」の鈴木社長が8年前から活動

小田原箱根経済新聞に、カンボジアの子供たちにビーチサンダルを送る活動を続けている鈴木正さんの記事が掲載されていました。

ビーチサンダル海を渡る 小田原から茅ヶ崎、そしてカンボジアの少女たちに – 小田原箱根経済新聞

鈴木さんは、茅ヶ崎に本店を構える老舗サーフショップ「ゴッデス」などを運営するゴッデスインターナショナルの社長で、日本のサーフボードづくりのパイオニアとも言える方です。

上記の「ゴッデス」をはじめとする店舗は、サザンの桑田さんやユーミンも訪れるという有名店ですね。

活動のきっかけは、裸足で生活しているカンボジアの子供たちが靴よりもビーチサンダルを必要としているという話を聞いたことだそうです。

詳しくは上記ページをご覧いただきたいのですが、ただ寄付をするというのではなく、ビーチサンダルを送るというあたりがなんとも湘南っぽくていい話ですね。

関連サイト

■GODDESS OFFICIAL SITE■

茅ヶ崎本店のほか、辻堂、鵠沼に店舗を構える老舗サーフショップです。

 

関連記事

  1. 県内25カ所の海水浴場で水質検査「すべて問題なし」
  2. 地元産の稀少オレンジを使ったフールーツビール「湘南ゴールド」がま…
  3. 中止から一転開催が決まった鎌倉花火大会の事情とは?
  4. 湘南の海をもっときれいに!藤沢市が水質改善計画を発表
  5. 平塚のタクシー運転手がオレオレ詐欺を見破る
  6. 稲村ガ崎で下水流出事故(GW明け時点の状況)
  7. 湘南・鎌倉の地元住民が優先的に江ノ電利用できる社会実験が実施
  8. 江の島沖で水上バイクとボートが衝突して男性一人が死亡

新着記事

イベントカレンダー

おすすめ記事

PAGE TOP