藤沢市 ごみの駆け込み寺「湘南ecoベース」が受け入れ開始から1カ月
カルチャー

藤沢市 ごみの駆け込み寺「湘南ecoベース」が受け入れ開始から1カ月

2021/09/07

ごみの駆け込み寺

湘南経済新聞のホームページに「ごみの駆け込み寺「湘南ecoベース」が受け入れ開始から1カ月」という記事が掲載されていました。

藤沢市遠藤で、家庭で出た粗大ごみや不燃ごみや家電の受け入れ回収を行う施設「湘南ecoベース」(TEL 0466-53-8712)が本格稼働を始めて1カ月たった。

市内で廃棄物の収集運搬と中間処理を請け負う事業所「服部商店」が運営する市内で4つ目の施設。一般家庭のごみを受け入れる仕組みで、藤沢市では初の取り組み。

所長の西川健太郎さんは「許認可が降り、8月2日から本格的に稼働を始めることができた。家庭の不用品を受け入れ、可能な限りリユースを推進することがテーマ。引っ越しや生活環境の変化で不用な品が出ることがあると思うが、公共のごみ回収サービスは決められた曜日や日にちなどに制限があるので、うまく折り合わない場合もある。そんな時に、気軽に持ち込める『ごみの駆け込み寺』として覚えてほしい」と話す。

ごみは種類によって持ち込み金額が異なり、例えばウエットスーツで500円、おもちゃ1袋500円、ベビーカー800円など、規定の「お持ち込み料金表」を参考に、持ち込んだ側が費用を支払って回収を依頼する。西川さんは「今後は、施設内に整備品や修理品を並べることのできるショールームも併設したい。ごみをごみのままで終わらせず、新たな持ち主の元で再度家具や家電として使われることを目指す」と話す。

営業時間は10時~15時。土曜・日曜・祝日営業。持ち込みが難しい場合は自宅へ回収に来るサービスも有料で提供するという。

気軽に持ち込める『ごみの駆け込み寺』は、とてもありがたい存在ですね。

関連リンク

ごみの駆け込み寺「湘南ecoベース」が受け入れ開始から1カ月

  • おすすめ記事

    三浦市 キックボードシェアリングサービス
    キックボード 号外NETに【三浦市】新しい海沿いのドライブを発見!海沿いを周遊できる電動キックボードのシェアリングサービスが開始されています!という記事が掲載されていました。 京浜急行電鉄が三浦市市内で電動キックボードのシェアリングサービスを開始したそうです。 京急線三浦海岸駅から徒歩1分の三浦レンタカーとホテル京急油壺観潮荘の2拠点に電動キックボード専用のパーキングステーションが設置されました。...
    2021/09/16
    ニュース
    京急電鉄が14の神社を巡って御朱印を受け取る“夏詣”キャンペーンを開催中
    画像出典:京急電鉄 電車に乗り14の神社を巡ってみては? 京急電鉄のホームページに夏詣というキャンペーンについて掲載されていました。 京急に乗って14の神社をめぐって、御朱印を受け取るキャンペーンを6月30日~8月29日の間、開催しています。 初詣から半年経ち、その日々に感謝しつつ、来る半年の平穏を願う“夏詣”。 普段は訪れない場所に電車にのって少し遠くまで足を運んでみてはいかがでしょうか? 特典...
    2021/07/13
    イベント
    ニュース
    鎌倉市 障害者福祉手当など680万円過払い、未支給6万円
    最大で07年から今年3月まで1人に対し約37万円の過払いを続けていた カナロコのホームページに「 鎌倉市 障害者福祉手当など680万円過払い、未支給6万円 」という記事が掲載されていました。 鎌倉市は4日、障害者福祉手当と特別障害者手当の支給で誤りがあったと発表した。2007年から今年3月までの間に71人に計約680万円の過払い、16~17年には1人に6万円の未支給があった。 市は対象者に過払い金...
    2021/08/06
    カルチャー
    藤沢市 人口増の背景に移住者
    「湘南」人気も影響 タウンニュースの藤沢版に「人口増の背景に移住者」という記事が掲載されていました。 藤沢市の人口が7月に44万人を突破した。将来人口推計の見通しを4年前倒しで到達した形で、藤沢市への転入者は18年1万9998人、19年2万380人と増加傾向が続いていた。市企画政策課は「人口増は都市部への人口集中や、湘南エリアの人気なども要因。コロナ禍による移住加速傾向も含め、今後も増加が予想され...
    2021/08/29
    カルチャー
    公式SNS