藤沢市 「生ごみは資源」常識に
カルチャー

藤沢市 「生ごみは資源」常識に

2021/08/13

飲食店主がコンポスト開発

タウンニュースの藤沢版に「「生ごみは資源」常識に 」という記事が掲載されていました。

循環型の食生活、始めてみませんか――。遠藤にある「農家レストランいぶき」店主の里崇さん(39)が、家庭から出る生ごみを微生物の力で分解する「コンポスター環(たまき)」を開発した。コロナ禍に伴う外出自粛で自炊する人が増える中、環境に優しいごみの減らし方に着目。生ごみを堆肥に変え、家庭菜園に活用することで資源の循環につなげる狙いだ。

縦24cm×横38cm×奥行き26cm。小型の段ボールほどの大きさで、集合住宅のベランダや屋内などスペースが限られた場所でも使うことができる。

基材には炭や乾燥させた植物を混ぜ込んだ独自配合の土を使用。これに附属の米ぬかを混ぜ込むと準備完了で、野菜くずや食べ残しなどほとんどの生ごみが分解できる。

刻んだ野菜の皮などを穴に入れ、土とよく混ぜる。1日ほど経つと内部の温度が40〜60度ほどに上昇。発酵が進んでいるサインといい、季節や条件にもよるが3、4日で跡形もなくなり、臭いも気にならないという。

同店ではキットや土のセットを4500円で販売。8月14日(土)と29日(日)の各日午前10時からワークショップもある。

問い合わせは同店【電話】0466・86・7602へ。

自家処理すれば、それはもはやごみではなく資源ですね。とても素晴らしい取り組みです。

関連リンク

「生ごみは資源」常識に

おすすめ記事

小田原、鎌倉、厚木で、コミュニティ通貨「まちのコイン」を活用したSDGs体験イベント<9月20日〜26日開催>
SDGs週間体験コースをSNSでシェアすると先着90名様にSDGsグッズプレゼント PR TIMESに「小田原、鎌倉、厚木で、コミュニティ通貨「まちのコイン」を活用したSDGs体験イベント<9月20日〜26日開催> 」という記事が掲載されていました。 株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904)は、自社が開発したコミュニティ通貨(電子地域通貨)「まち...
2021/09/17
イベント
平塚市 第50回平塚市少年少女剣道大会参加者募集
令和3年10月10日(日)午前9時から午後5時まで 平塚市のホームページに「第50回平塚市少年少女剣道大会参加者募集」という記事が掲載されていました。 第50回平塚市少年少女剣道大会への参加者募集を開始いたしました。 大会要項等を御確認いただき、期日までにお申し込みください。 ・申込締切:令和3年9月3日(金曜日)午後5時まで ・申込先: 平塚市教育委員会 スポーツ課 〒254-8686平塚市浅間...
2021/08/12
イベント
鎌倉市 メーカーズシャツ鎌倉 インスタライブをEC掲載“心ある接客動画”で動画コマースを強化
画像出典:PR TIMES 鎌倉シャツが動画コーマスを強化 PR TIMESにメーカーズシャツ鎌倉 インスタライブをEC掲載“心ある接客動画”で動画コマースを強化という情報が掲載されていました。 メーカーズシャツ鎌倉は、1993年の創業時から上質な素材を使い、縫製はメードインジャパン。日本の縫製技術は細かな職人技と卓越した技術力によって、世界最高レベルを誇り、そのクオリティとプライスでニューヨーク...
2021/07/09
ニュース
茅ヶ崎市 2022年度児童クラブの入所児童募集について
申込書類配布期間 11月1日(月曜日)~(申込書類は各児童クラブでお配りします。) 茅ヶ崎市のホームページに「2022年度児童クラブの入所児童募集について」という記事が掲載されていました。 公設児童クラブとは市から指定を受けた団体などが運営する児童クラブで、各小学校区に1つ以上設置されています。 申し込みは下記の通りです。 申込書類配布期間 11月1日(月曜日)~(申込書類は各児童クラブでお配りし...
2021/10/02
カルチャー
公式SNS