藤沢市 【10代の若者の“生き抜く力”を育むNPO法人アスリード】月々500円から支援可能なマンスリーサポーター制度をスタート
カルチャー

藤沢市 【10代の若者の“生き抜く力”を育むNPO法人アスリード】月々500円から支援可能なマンスリーサポーター制度をスタート

2021/10/31

地域一丸となって取り組むキャリア教育支援を、継続的に支援

PR TIMESに「【10代の若者の“生き抜く力”を育むNPO法人アスリード】月々500円から支援可能なマンスリーサポーター制度をスタート」という記事が掲載されていました。

神奈川県内の中学校・高等学校を中心に、職業講話や職場体験などのキャリア教育支援を手がけるNPO法人アスリードが、設立2周年を迎えた2021年9月20日、誰でも若者支援を継続的に支援することのできる「マンスリーサポーター制度」を開始いたしました。

【URL】https://community.camp-fire.jp/projects/view/391105

アスリードマンスリーサポーター制度は、毎月500円から継続的にNPO法人アスリードの活動を支援することのできる寄付型クラウドファンディング。
クラウドファンディングサイトCAMPFIRE内にある、社会課題の解決に特化した「Good Morning」に掲載されている募集ページを通じて登録でき、どなたでも気軽に若者の“未来づくり”を応援することができます。

支援金は、アスリードが手がけるキャリア教育プログラムに活用され、支援者の方々には毎月、活動レポートや学校・生徒の声、キャリア教育に関する情報などをまとめたメールマガジンを配信する他、毎年8月には、NPO法人アスリードが中高生のために制作・発行するキャリア教育支援誌『みらい百花』を送付し、地元企業でイキイキと働く大人たちの情報もお届けしていきます。

素晴らしい活動なので、早速支援してみました。「地域の大人が、地域の若者を育てる」を当たり前のものにしたいですね。

関連リンク

【10代の若者の“生き抜く力”を育むNPO法人アスリード】月々500円から支援可能なマンスリーサポーター制度をスタート

  • おすすめ記事

    葉山町 遺言受け 故・石原慎太郎さん海上散骨式 
    慎太郎さんの息子4人がそろって参加 逗子葉山経済新聞に、「葉山で故・石原慎太郎さん海上散骨式 遺言受け葉山ヨットクラブが実施」という記事が掲載されていました。 2022年2月に亡くなった作家で元東京都知事の石原慎太郎さんの海上散骨式が、4月17日葉山の海で行われました。 散骨式は、慎太郎さんが名誉会長を務めていた葉山ヨットクラブの会長・石原伸晃さんとのご縁で、同クラブが主催。30艇以上の船が海に出...
    2022/05/17
    ニュース
    【湘南 豆知識】湘南の方言 - 「横入り」は方言だった!?湘南で使われる方言4選
    湘南で使われる方言を知っていますか? 皆さんは湘南の方言をいくつ思いつきますか? 前回、横浜で定着した「じゃん」や、元SMAPのメンバー・中居正広さんが認知させたと言っても過言ではない「だべ」についてご紹介しました。 【湘南 豆知識】湘南の方言 - 「だべ」「じゃん」意外とあるある!湘南で使われる方言 今回も神奈川・湘南で使われる方言4選をご紹介していきます。 分かれ目は「丹沢山地」 前回、神奈川...
    2022/11/18
    オリジナル
    豆知識
    サッカーJ1湘南ベルマーレの新体制が始動
    ベルマーレ新体制 湘南経済新聞に湘南ベルマーレ2022新体制発表 選手そろい「5位以内」目標にという記事が掲載されていました。 サッカーJ1湘南ベルマーレの新体制が始動しています。今季の新戦力は11人です。鹿島から7シーズンぶりに復帰した永木亮太選手をはじめ、瀬川祐輔選手や米本拓司選手ら経験豊富な選手を獲得した一方で、全国高校サッカー選手権で得点王に輝いた鈴木章斗選手(阪南大高)や2シーズンを過ご...
    2022/01/27
    スポーツ
    hiratsuka-city-stamp-abolished 茅ヶ崎市 行政手続きの押印を約8割廃止
    茅ヶ崎市 行政手続きの押印を約8割廃止 茅ヶ崎市は、これで押印を求めてきた手続き2886件のうち、8割を超える2444件の押印手続きを2021年6月末までに段階的に廃止すると発表しました。すでに1723件の手続きを3月末までに廃止しており、引き続き721件を6月末までに廃止予定だそうです。 押印を廃止する理由として茅ヶ崎市は、コロナ禍における安全・安心の確保、申請負担の軽減、事務の簡素化を効率化を...
    2021/04/26
    ニュース
    公式SNS