ニュース

3歳の娘に心臓移植を 葉山在住の両親らが募金呼び掛け

画像出典:

3歳の娘に心臓移植を 葉山在住の両親らが募金呼び掛け

重い心臓病を患う葉山町の森木花(きか)ちゃん(3)を救おうと、両親や支援者らが28日、神奈川県庁で記者会見し、米国での心臓移植手術に必要な約3億5千万円を集めるため、募金活動への協力を呼び掛けた。
父賢吾さん(41)は「金額が莫大(ばくだい)で私や家族の負担では難しい。皆さんの力で木花を生かしてほしい」と涙ながらに訴えた。

2018年2月生まれの木花ちゃんは、食欲旺盛で兄を追い掛け回すなど活発な子だったが1歳4カ月の時、嘔吐(おうと)が続くなど体調が悪化。心音の異常が見つかり、精密検査の結果、心臓の働きが低下する拡張型心筋症と診断された。
20年3月、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)で手術し、補助人工心臓を装着した。その後もポンプ交換の手術を繰り返し、同11月には心不全が悪化。今年2月に3歳の誕生日を迎え、両親が海外での心臓移植を決意した。
主治医で同センターの金子幸裕・心臓血管外科診療部長は「補助人工心臓を着けて病院にずっといなければならず、移植を待つ状態。血栓ができやすいほか、機械なのでいつ故障するか分からない」と説明。
米コロンビア大学病院から受け入れの内諾通知を受けており、デポジット(前払い金)約2億5千万円のほか、渡航費、滞在費などを含め約3億5千万円が必要という。
木花ちゃんの兄が通っていた幼稚園の保護者らが4月に「きかちゃんを救う会」を結成した。ホームページを通じたクラウドファンディングも展開するほか、募金振込先として金融機関口座を開設。年内での渡米手術を目指す。
母の理恵子さん(45)は「何度も生死をさまよいながら乗り越えてきたのは、木花が生きようとする力があるから。でもこのままでは4歳の誕生日を迎えられるか分からない。皆さんのお力を分けていただきたい」と語った。

問い合わせ:同会電話046(871)0302=平日午前10時~午後3時。(佐々木 航哉)

 

みなさんの少しづつの協力で命を助けることができるかもしれませんね。
協力ができる方は是非連絡していただきたいと思います。
元気になれることを祈っています。

 

関連リンク:カナロコ

関連記事

  1. 鎌倉市 スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定へ
  2. shonan-katasenishihama-kugenuma-beach-blueflag-acquired 湘南・片瀬西浜・鵠沼海水浴場が優れたビーチに与えられる国際認証「…
  3. 湘南海岸公園などの「魅力アップチャレンジ」を平塚市が発表
  4. shonan-hiratsuka-meisanhin-kyogikai-hp-renewal 湘南・平塚の名産品を紹介するウェブサイトがスタイリッシュにリニュ…
  5. 藤沢市  ライフセーバーへの自転車貸与
  6. 藤沢市 産後ケア事業(デイサービス)を実施
  7. 筋肉×温泉の異色バラエティ「筋肉温泉」の第3話は湯河原の絶景温泉…
  8. 湘南出身の注目スケーター藤井雪凛インタビュー

新着記事

おすすめ記事

  1. 海辺に停車してある自転車
PAGE TOP