【平塚 観光スポットレポ】平塚八幡宮 - 平塚随一のパワースポット
オリジナル 観光

【平塚 観光スポットレポ】平塚八幡宮 - 平塚随一のパワースポット

2022/07/07

平塚で愛されるパワースポット

平塚でも指折りのパワースポット【平塚八幡宮】をご紹介いたします。

平塚八幡宮へは、平塚駅北口から北へ約10分ほど歩いて行ったところに鎮座しています。

平塚八幡宮の御由緒

平塚八幡宮は、仁徳天皇の御代68年(380年)、この地に大変大きな地震があり、人々の苦しむ様を見かねた仁徳天皇(第16代)が社を建てられたことが創祀とされています。

その後も相模國一國一社の八幡宮として、歴代の天皇や源頼朝公をはじめとする武士からも崇敬を集めます。 特に御朱印に揮毫する「鎮地大神」は、推古天皇(第33代)より賜った御宸筆から戴いております。 このように、数多の崇敬を集める神社でありましたが、戦国時代になると兵火に遭い、御社殿をはじめ社宝、社伝記はことごとく灰塵に帰してしまいます。
そのような中、徳川家康公は江戸に入府すると、荒廃していた平塚八幡宮の御社殿を復興させました。

江戸時代になると、平塚八幡宮は東西に東海道が通り、集積港であった須賀への道、そして厚木、大山への道が交わる交通の要衝となり、門前はとても栄え、門前町の大門通は平塚商業発祥の地と言われています。

明治以降も、神社北側に開設された海軍火薬廠によって平塚の街はさらに大きく発展しました。 大正12年(1923年)の関東大震災で社殿は倒壊し、現在の社殿は昭和3年(1928年)に竣工しました。

参照元:ご由緒・概要 - 平塚八幡宮

現在、平塚の一大イベント「第70回湘南ひらつか七夕まつり」が控えているため、鳥居にも七夕装飾が施された特別な仕様になっています。
周りは幹線道路に囲まれていますが、平塚八幡宮一体が森のように緑が生い茂った空間となっています。

御殿に向かう途中、神馬 皐月(しんめ さつき)の建物があります。
筆者が伺った時間帯には馬はいませんでしたが、10時〜12時と13時〜15時の間はこちら馬がにいるそうです。
馬がいる時間帯にお子さんと行ったら、きっと楽しんでくれるのではないでしょうか。

6月〜7月にかけて「夏越の祓」という儀式があり、茅の輪くぐりを行うことができます。
茅の輪をくぐった先にあるのが御殿です。しっかりお参りしていきましょう。
季節柄、七夕短冊も置いてあります。

また、平塚八幡宮内にはお堂や稲荷社などが建てれられており、宮内をぐるっと回るだけで「開運七社詣」をすることができるので、順番に巡っていきたいと思います。
1社目は先ほどお参りした御殿です。

続いて、写真中央が2社目の若宮社です。子育・子供の守り神様です。
3社目は写真左手の名神社。出世・商売繁盛の神様です。
4社目は写真右手の諏訪社。開運・交通安全の神様です。

御殿の左手に5社目の太子堂があります。
こちらは建築土木の守り神様です。

途中、七社詣には含まれていませんでしたが、道祖神と浅間社もあります。
道祖神は今まさにうってつけの、疫病の神様。
そしてその隣が安産・女性の神様です。

6社目は池のほとりの平塚弁財天社です。開運・芸能・美容の神様です。
こちらは東日本大震災の年に創建されたそうで、比較的新しい神様です。

そして最後の7社目、鶴峯山稲荷社は五穀豊穣・商売繁盛の神様です。
こちらは池の真ん中にあり、橋を渡ってお参りします。


池には鯉がいるほか、アヒルがカモがのんびりお散歩していてほのぼのとしていました。

きっと皆さんのお願い事に当てはまる最適な神様、七社詣の中にいらしたのではないでしょうか。

社務所でお守りや御朱印をいただく方や、ご祈祷にいらした方は受付時間がありますが、お参りだけの方は24時間可能となっています。ご近所さんなら、ここ一番目の勝負の朝や、仕事帰りにお参りすることができるのも有り難いですね。

静かで木々に囲まれた癒しスポットとなっており、暑いこの時期でもここだけ涼しい風が通る場所となっています。
七夕まつりにいらした際や、平塚散策に来られた方は、ぜひ平塚八幡宮に立ち寄ってパワーチャージして行ってくださいね!

施設紹介

【平塚八幡宮】
■住所:〒254-0041 神奈川県平塚市浅間町1-6
■電話番号:0463-23-3315
■受付時間:
・社務所:8:30〜16:00
・ご祈祷受付(平日):9:30〜15:50まで
・ご祈祷受付(土日祝):8:30〜15:50まで
※参拝のみは24時間可能です。
■駐車場:有り

アクセス

平塚駅北口より徒歩約10分

関連リンク

平塚八幡宮

  • おすすめ記事

    藤沢市 純生カステラ専門店「キミとホイップ 藤沢店」がNEWオープン!!
    ご予約はウェブサイト又は、お電話から 号外NET藤沢市版に、「ふわっしゅわカステラが楽しめる!純生カステラ専門店『キミとホイップ 藤沢店』が新規オープン!!」という記事が掲載されていました。 キミ(卵黄)とホイップ(メレンゲ)にこだわった純生カステラ専門店「キミとホイップ」が藤沢市石川にオープンしました。契約農家で育てられた国産卵を使用した “ふわっしゅわカステラ” が楽しめるそうです!現在メニュ...
    2022/02/27
    グルメ
    ニュース
    【茅ヶ崎 観光レポ】野天湯元 湯快爽快 ちがさき - 潮風香る茅ヶ崎、地下1,500メートルから湧き出た大地の恵み『湘南茅ヶ崎温泉』は湯治ができる療養泉
    名湯の約7倍、全国でもトップクラスの成分含有量を誇る塩化物泉 本物の温泉だからこそ可能な「自然の治癒力」を、いつでも気軽に堪能できる野天湯元 湯快爽快 ちがさきをご紹介します。 温泉名を「湘南茅ヶ崎温泉」といい、神経痛、間接痛、筋肉痛、肩こり、五十肩、打ち身、冷え性、慢性消化器病、慢性婦人病、切り傷、やけど、疲労回復、病後回復、健康増進などの効能が期待できます。 電車ならJR北茅ヶ崎駅から徒歩1分...
    2022/10/12
    オリジナル
    観光
    【逗子 学びスポットレポ】逗子 マンホールの蓋 - 逗子ゆかりの人物や横須賀の歴史にも触れる
    マンホールは路上のアート! 手軽で誰もが見ることのできる路上アートとして近年じわじわと人気を集めている「マンホールの蓋」。 マンホール愛好家を「マンホーラー」や「蓋女」と呼び、マンホールを探す活動を「蓋活」なんて言ったりするそうです。 旅行先での「蓋活」が趣味でしたが、最近は湘南エリアの「蓋活」を楽しんでいる筆者。 今回は、湘南の路上アート・逗子編をご紹介します。 広域で見られるマンホールの蓋① ...
    2022/11/25
    オリジナル
    観光
    半年ぶり今年初の「小田原まちなか朝市」開催 お薦め商品は全店売り切れ - 小田原箱根経済新聞
    画像出典: 半年ぶり今年初の「小田原まちなか朝市」開催 お薦め商品は全店売り切れ 小田原で恒例の「小田原まちなか朝市」が、6月27日7時30分から平井書店駐車場で開催され多くの市民でにぎわいを見せた。半年ぶり今年初の開催。 半年ぶりの開催に「待っていた」の声も聞こえ、各店は用意した商品をほぼ売り切っていた。出店した店舗は以下の通り。トラジキムチ(自家製キムチ)、早瀬のひもの(ひもの)、なんくる農園...
    2021/07/01
    ニュース
    公式SNS