ニュース

稲村ガ崎で下水流出事故(GW明け時点の状況)

スクリーンショット 2016-05-10 16.02.30

※水質調査で「不適」の出た鎌倉海浜公園水泳プール付近の様子(Googleストリートビュー)

水質調査の結果、ほとんどの地点で「水質A」以上まで回復

先月、4月14日に稲村ヶ崎の国道134号線の歩道で陥没があり、それに伴い下水道管の破損事故が発生しました。

歩道が7メートル陥没 鎌倉市の国道134号|カナロコ|神奈川新聞ニュース

下水道管破損、鎌倉市が市民に節水呼びかけ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

鎌倉市の発表によれば、下水道管の破損のため、ポンプ場から汚水処理場に汚水(要はトイレなどの下水ですね。。)を送ることができなくなり、緊急処置として、消毒処理した汚水をそのまま海に流す対応をとっているそうです。

なにしろ消毒しているとはいえ、トイレなどの生活下水をそのまま海に流しているわけですから、海の汚染具合が心配ですが、鎌倉市のホームページで水質分析結果の更新がありました。

鎌倉市/稲村ガ崎における下水流出事故について

由比ヶ浜周辺の13地点で海水を採取し分析した結果、「不適」が1箇所、「可」が1箇所、残りの11箇所は水質A以上の結果だったようです。

不適になった場所を地図で見ると、鎌倉海浜公園水泳プール付近ですね。

kaihinpool_1

スクリーンショット 2016-05-10 15.50.56 スクリーンショット 2016-05-10 15.51.01

※図は【平成28年5月10日】海水調査結果について(PDF:159KB)から

仮設パイプの設置により処理場への送水は一部回復したようですが、まだすべての汚水を送水できず、海に流しているということです。

海水浴の季節にはもう少し時間がありますが、なんとか早く回復してもらいたいものですね。

追記2016.05.25

5月22日(日)に国道134号線を江ノ島方面から由比ヶ浜へ向かって、自転車で走りました。

ちょうど稲村ヶ崎のあたりが少し小高い丘のようになっているのですが、海側の路肩に今回の緊急工事と思われるパイプが設置されていました。

長さにして400?500mぐらいでしょうか。もうちょっと長いかもしれません。

パッと見た感じ「完全復旧には、ちょっと時間がかかりそうだな。。」と思えるような状態でした。

先週も由比ヶ浜周辺で大腸菌が出たというニュースを見たので、GW明けからあまり状況は変化していないのかもしれません。

鎌倉市の水質調査資料も5月25日時点で不適が1ヶ所、可が1か所という状況は変わっていないようです。

(不適になった場所の大腸菌の数は数倍に増えているので、むしろ悪化しているのかも。。)

鎌倉在住の友人に話を聞くと、極力、稲村ヶ崎周辺は避けて海に入るとのことでした。

不適の出た場所は海水浴場からは離れているので、観光客にはあまり影響がないのかもしれませんが(報道を知らないだけかもしれませんが。。)、復旧の目処が立っているのかどうかぐらいは、発表してほしいと思います。

 

関連記事

  1. 2016年の湘南エリアのショッピングモールの集客状況はどうだった…
  2. 「日刊SPA!」のご当地エナジードリンクベスト3に「湘南ゴールド…
  3. 保護犬の里親制度を運営するGREEN DOG湘南店で譲渡数100…
  4. 【注意】湘南・茅ヶ崎で「オレオレ詐欺」が多発中!
  5. 平塚の魅力をPR「第66回 湘南ひらつか織り姫」が決定
  6. 湘南・江ノ島海の家に「Ben&Jerry’s 江ノ島…
  7. 地元産の稀少オレンジを使ったフールーツビール「湘南ゴールド」がま…
  8. 「市民マラソンサミットin湘南」に国内外のマラソン大会事務局が集…

新着記事

イベントカレンダー

おすすめ記事

PAGE TOP