ニュース

鎌倉市 救急現場にAI技術活用

搬送先決定まで時間半減

タウンニュースに搬送先決定まで時間半減 救急現場にAI技術活用という記事が掲載されていました。

鎌倉市、市医師会、救急医療システムを手がけるTXP Medeical株式会社が、「次世代救急医療体制の構築に向けた実証事業の実施に関する協定」を締結したそうです。
TXPのAI技術(人工知能)により、患者情報の音声はデータ化され、バイタルや患部の画像を病院に送信可能になります。
もし、1件目で受け入れを断られても、作成したデータをそのまま2件目に活用できるため、搬送先決定までの時間の短縮が見込まれます。

患者さんやそのご家族にとってとてもありがたい仕組みが導入されましたね!
救急医療の現場にとってもとても良いことなのではないかと思います。

関連リンク

搬送先決定まで時間半減 救急現場にAI技術活用

関連記事

  1. 藤沢市 「セルフウェルネス・タッチケア」のオンライン無料体験
  2. fujisawa-city 東京23区からの転出先として湘南・藤沢市が第1位に!
  3. 小田原城 小田原市 小田原城を一望できるライブカメラを設置
  4. 湘南・鎌倉にビーチライフを楽しむ複合施設「材木座テラス」7月1日…
  5. 平塚市  マイナンバーカードの出張申請支援
  6. 藤沢市 「フタバフルーツパーラー」からJA庄内みどり産メロンをた…
  7. 藤沢市  ライフセーバーへの自転車貸与
  8. 小田原市 (株)小田原サンプル 食品模型は海を越え

新着記事

おすすめ記事

  1. ガソリン給油中
PAGE TOP