カルチャー

鎌倉市  鎌倉版 掲載号:2021年7月9日号 子どもも考える「動物愛護」

小中学生が掲示板開設

タウンニュースの鎌倉版に「鎌倉版 掲載号:2021年7月9日号 子どもも考える「動物愛護」 」という記事が掲載されていました。

津西在住の早田詩音君(鎌倉女子大学初等部6年)と藤沢市在住の大日向あかりさん(村岡中2年)が、保護犬・猫について小中学生の意見を求めるインターネット掲示板「ワンにゃんフレンズ」をこのほど開設した。

「動物を飼う以上最後まで面倒を見なければなりません」「小さい命の声を聞いてあげられる大人になりたい」。掲示板には子どもたちの率直な思いが並ぶ。

きっかけは早田君が昨年、保護犬と暮らす家を訪れ、安易にペットを手放す人がいることや殺処分の実態を知ったこと。

サイト運営は、家族らのサポートを受けているが、あくまでコンセプトは「子どものための掲示板」。

子どもが動物愛護について知り、考えるきっかけとなり、将来的に「飼い主のいない寂しい犬や猫を減らす」のが目標だ。

より多くの意見を集められるインターネットを活用した意見交換の場を思いつき、実行できるのはとても素晴らしいですね。今後に期待です。

関連リンク

鎌倉版 掲載号:2021年7月9日号 子どもも考える「動物愛護」

関連記事

  1. 藤沢市  生涯学習大学放送通信コース【令和3年度第1期】
  2. 葉山町 粗大ごみの処分方法変更
  3. 逗子市 逗子ビズ再始動
  4. 藤沢市 商品プラ提供オンラインで
  5. 横須賀市  「割増商品券」で経済回せ
  6. 横須賀市 自宅が学び舎、親が教師役
  7. kamakura-kitchoan-tenohira 鎌倉・吉兆庵美術館で「手のひらサイズを愛でる」展が開催中【202…
  8. 湘南・葉山の旧東伏見宮別邸で「ICON/OHGUSHI」開催

新着記事

おすすめ記事

  1. 葉っぱを見ている親子
PAGE TOP