江の島・鎌倉エリアの魅力を発信する新ポスター、観光ポータルサイトを展開 10月1日から、江の島・鎌倉誘客施策「絵はがきになる日常を。」スタート!
カルチャー

江の島・鎌倉エリアの魅力を発信する新ポスター、観光ポータルサイトを展開 10月1日から、江の島・鎌倉誘客施策「絵はがきになる日常を。」スタート!

2021/10/01

分散型観光や密回避を促進する、鮮度の高いお出かけ情報を地域との協働により発信

PR TIMESに「江の島・鎌倉エリアの魅力を発信する新ポスター、観光ポータルサイトを展開 10月1日から、江の島・鎌倉誘客施策「絵はがきになる日常を。」スタート!」という記事が掲載されていました。

江ノ島電鉄株式会社(本社:神奈川県藤沢市 社長:楢井 進)と小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2021年10月1日(金)から、江の島・鎌倉エリアの多様な魅力を地域と協働して発信し、分散型観光の推進や密回避・非接触などのコロナ禍における新たな観光ニーズへ対応した誘客施策「絵はがきになる日常を。」を展開します。

10月1日から展開するポスターやパンフレットでは、地元の写真家やイラストレーターとの協働により、季節や時間帯に応じて表情を変える魅力的な風景や、各駅周辺のおすすめスポットを地域目線で表現し、小田急線や江ノ電車内等で展開します。

また、観光ポータルサイト「江の島・鎌倉ナビ」は、季節や天候、時間帯などによって変化する江の島・鎌倉エリアの楽しみ方を提案するサイトとして本年12月上旬にリニューアルします。エリア内にある一部の観光施設や飲食店の混雑情報をリアルタイムに確認できるようになり、お客さま自身で密を回避したお出かけを選択いただけるようになるほか、同サイトからデジタルチケットの購入を可能とする予定です。

個人的には季節や時間帯に応じて表情を変える魅力的な風景がどんな感じなのかとても気になります。

関連リンク

江の島・鎌倉エリアの魅力を発信する新ポスター、観光ポータルサイトを展開 10月1日から、江の島・鎌倉誘客施策「絵はがきになる日常を。」スタート!

  • おすすめ記事

    逗子市 池子の森自然公園緑地エリア
    豊かな自然が残る タウンニュースに池子の森自然公園 緑地エリアが水曜も開園という記事が掲載されていました。 逗子市にある池子の森自然公園緑地エリアが、今月から11月まで毎週水曜日も試行的に開園しているそうです。 池子の森は、70年間にわたりほとんど人の手が入っておらず、豊かな植生や数多くの野鳥、昆虫、水生生物が生息しています。 2016年からこうした自然環境を守るために、土・日・祝日のみ限定開園し...
    2021/09/11
    ニュース
    逗子市 リビエラ逗子 花のある暮らし「アーティフィシャルフラワー」
    お部屋を素敵で華やかな空間にコーディネイトしてみませんか? リビエラ逗子マリーナのホームページに「花のある暮らし「アーティフィシャルフラワー」」という記事が掲載されていました。 アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現し、生花にはない美しさを表現して造られたお花です。近年、欧米はもとより日本でも大変注目されており、年々クオリティも向上、生花では出せない高い芸術性と耐久性で、世界的に高い評...
    2021/08/06
    イベント
    北千住駅?片瀬江ノ島駅を走る「メトロ湘南マリン号」が7月30日から運行
    北千住駅?片瀬江ノ島駅を約1時間30分で運行 マイナビニュースに東京メトロ千代田線北千住駅と小田急線片瀬江ノ島駅を結ぶ臨時特急ロマンスカー「メトロ湘南マリン号」のニュースが掲載されていました。 小田急ロマンスカーで江ノ島へ「メトロ湘南マリン号」「湘南マリン号」運転 | マイナビニュース 「メトロ湘南マリン号」は期間限定の運行となるそうです。詳細は下記の通り。 ロマンスカー・MSE(60000形)6...
    2016/06/30
    交通
    観光
    小田原市 ガンダムとシャア専用ズゴックのマンホール設置へ
    画像出典:小田原市にガンダムとシャア専用ズゴックのマンホール設置へ 「ガンダムマンホール」プロジェクト始動 第2弾以降も検討。第1弾は8月1日から。 ガンダム ねとらぼに小田原市にガンダムとシャア専用ズゴックのマンホール設置へ 「ガンダムマンホール」プロジェクト始動 第2弾以降も検討。第1弾は8月1日から。という記事が掲載されていました。 ガンダムの生みの親である富野由悠季さんの出身地である神奈川...
    2021/07/29
    ニュース
    公式SNS