カルチャー

神奈川県議会、三浦、足柄下、愛川・清川に「強制合区」検討へ

「1票の格差」是正も踏まえた議論が進められることになる。

神奈川新聞のカナロコに「神奈川県議会、三浦、足柄下、愛川・清川に「強制合区」検討へ」という記事が掲載されていました。

 神奈川県議会(定数105)の選挙区を巡り、2020年国勢調査の速報値を基に三浦市、足柄下、愛川町・清川村の3選挙区(いずれも定数1)が選挙区再編の対象となっていることが15日、分かった。

3選挙区は隣接する選挙区との「強制合区」となる可能性が高く、県議会は23年県議選での施行に向け、検討委員会を設置し、再編の協議に入る。

公職選挙法の規定では、選挙区の人口が全県での議員1人当たりの人口の半数を下回った場合、隣接する選挙区と合区しなければならない(強制合区)と定められている。

今月発表された国勢調査の速報値によると、全県の議員1人当たりの人口は8万8003人。選挙区の人口がこの半数となる4万4001人に達しないのは、三浦市(4万2098人)、足柄下(4万1461人)、愛川町・清川村(4万2932人)の3選挙区となった。

県議会の小島健一議長は15日の議会運営委員会で、議員定数等検討委員会を設置して協議に入るよう指示。検討委は7月中にも設置され、合区に向けた議論が進められる見通しだ。

人口に応じて議員定数を定めることについては、権限が移譲されている政令市選出の県議が多くなるといった課題もあるため、今後の動向に注目ですね。

関連リンク

神奈川県議会、三浦、足柄下、愛川・清川に「強制合区」検討へ

関連記事

  1. 逗子市 逗子ビズ再始動
  2. 藤沢市・湘南台にオープンした車両ミュージアム「いすゞプラザ」レポ…
  3. 茅ヶ崎市  茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月23日号 産前産後の…
  4. 藤沢市 商品プラ提供オンラインで
  5. 大磯町 【移住・定住】花匂いオンライン移住フェア
  6. 横須賀市、三浦市、葉山町の3つの神社が「開運半島詣り」を合同で開…
  7. 湘南・鎌倉で話題のユニークな図書館/カフェ
  8. 逗子市 逗子で年に1度の田越川一斉清掃 650人でごみ1700キ…

新着記事

おすすめ記事

  1. スマホを操作する手とQRコードイメージ
PAGE TOP