ニュース

湘南・鎌倉の地元住民が優先的に江ノ電利用できる社会実験が実施

画像出典:江ノ島電鉄株式会社

緊急時に地元住民を優先的に江ノ電に乗車できるようにする試み

マイナビニュースに鎌倉市が実施を予定している社会実験に関するニュースが掲載されていました。

鎌倉市、江ノ電沿線在住者が並ばず鎌倉駅に入場できる社会実験 – 5/6実施へ | マイナビニュース

ゴールデンウィーク期間中には江ノ電・鎌倉駅は乗車待ちの行列ができるなど、かなり混雑するそうです。

そのために地元住民が電車を利用できないなど、日常生活に支障をきたさないような方法を実験するということです。

具体的には地元在住の証明書があれば、乗車待ちの列をスキップできるなどの方法のようですね。

人気観光地ならではの悩みと言えそうですが、うまく解決できる方法を模索してもらいたいものです。

関連リンク

鎌倉市/江ノ電沿線住民等の移動円滑化に係る社会実験について

 

関連記事

  1. 「憧れの湘南暮らし、実は不便…」という話は本当か
  2. 新品種トマト「湘南ポモロン」を使った商品開発をスタート
  3. 湘南・江ノ島海の家に「Ben&Jerry’s 江ノ島…
  4. 2016年の湘南エリアのショッピングモールの集客状況はどうだった…
  5. 藤沢市役所での業務上横領容疑についてのニュースが連発
  6. 中止から一転開催が決まった鎌倉花火大会の事情とは?
  7. 湘南海岸公園などの「魅力アップチャレンジ」を平塚市が発表
  8. 保護犬の里親制度を運営するGREEN DOG湘南店で譲渡数100…

新着記事

イベントカレンダー

おすすめ記事

PAGE TOP