ニュース

湘南・鎌倉の地元住民が優先的に江ノ電利用できる社会実験が実施

画像出典:江ノ島電鉄株式会社

緊急時に地元住民を優先的に江ノ電に乗車できるようにする試み

マイナビニュースに鎌倉市が実施を予定している社会実験に関するニュースが掲載されていました。

鎌倉市、江ノ電沿線在住者が並ばず鎌倉駅に入場できる社会実験 – 5/6実施へ | マイナビニュース

ゴールデンウィーク期間中には江ノ電・鎌倉駅は乗車待ちの行列ができるなど、かなり混雑するそうです。

そのために地元住民が電車を利用できないなど、日常生活に支障をきたさないような方法を実験するということです。

具体的には地元在住の証明書があれば、乗車待ちの列をスキップできるなどの方法のようですね。

人気観光地ならではの悩みと言えそうですが、うまく解決できる方法を模索してもらいたいものです。

関連リンク

鎌倉市/江ノ電沿線住民等の移動円滑化に係る社会実験について

 

関連記事

  1. 二宮町 日用品および食品等の無償提供について
  2. 新江ノ島水族館 ギヤマンクラゲが新種だったと発表。人気の高い定番…
  3. 湘南の海をもっときれいに!藤沢市が水質改善計画を発表
  4. 鎌倉市 救急現場にAI技術活用
  5. 三浦市 三浦半島の小網代のプライベートレンタル邸宅”THE HO…
  6. 東京2020オリンピック大会開催に伴う夜間4両編成運行の延長取り…
  7. 茅ヶ崎市 令和3年7月17日開催 CCP主催 第104回保護猫た…
  8. セミナー開催 湘南らしい働きかたデザインSeason3

新着記事

おすすめ記事

PAGE TOP