鎌倉市 MAISON CACAO人気の【四季とメゾン】シリーズ第四弾は七夕の生チョコレート
グルメ ニュース

鎌倉市 MAISON CACAO人気の【四季とメゾン】シリーズ第四弾は七夕の生チョコレート

2021/06/29

画像出典:PR TIMES

MAISON CACAOから新作が登場

PR TIMESに【四季とメゾン】第四弾は七夕の生チョコレート、一日花のハイビスカスが7/1(木)より一週間限定で登場という情報が紹介されていました。
アロマ生チョコレート専門店「MAISON CACAO」は鎌倉発祥のブランドとして、四季毎の行事や文化を楽しむ新提案「四季とメゾン」を提案しています。
第四弾は7/1(木)から7/7(水)限定で七夕の生チョコレートが登場します。

1年に1度、織姫と彦星が会える七夕。
今回の期間限定商品の販売期間は1週間のみと短いですが、その時期だけ出会える新しい味が貴重さを増しますね。

「アロマ生チョコレートSTARRYNIGHT」(税込2376円)

五節句の1つである「七夕」は 1年に1度、星に願いを込める日。
MAISON CACAOでは華やかに咲き誇りながらも、儚い1日花であるハイビスカスにそのイメージを重ね、七夕限定の生チョコレートをご用意しました。優しい甘さのホワイトチョコレートにハイビスカスの花とあまずっぱいクランベリーのピューレを加えました。MAISON CACAOオリジナルの短冊が2枚、入っています。

【四季とメゾン】とは
「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 冷しかりけり」
有名なこの首にあるように、春夏秋冬で景色が変わり、その移ろいを楽しむのは日本ならではの風習です。四季折々の行事やその奥深い情緒を味わう文化が育まれたのも日本人ならではの心豊かさから。
日本を代表する文化都市、鎌倉で生まれ育つメゾンとして、日本の心を大切にしたい。美しく変わる四季折々の情緒を楽しめる提案がしたいと生まれたのが【四季とメゾン】です。

 

関連リンク

HP

  • おすすめ記事

    鎌倉市 10/4鎌倉駅西口にオープン「アマルフィイ ウノ」
    画像出典:photoAC 鎌倉駅西口から30秒 号外NET鎌倉市版に【鎌倉市】10/4鎌倉駅西口にオープンした「アマルフィイ ウノ」はご存知ですか?開店という記事が掲載されていました。 鎌倉駅徒歩圏内の小町通りあった「アマルフィイ キッチン」が閉店し、新たに鎌倉駅西口から30秒の場所に「アマルフィイ ウノ」が先月2021年10月4日にオープンしました!地域一番を目指して、UNO(ウノ)と名付けられ...
    2021/11/11
    グルメ
    ニュース
    平塚市 平塚市博物館「メガロドン」の顎の化石(レプリカ)を展示中
    画像出典:写真AC 歯の化石も 号外ネットに【平塚市】平塚市博物館でメガロドンの顎の化石(レプリカ)の展示をしています!という記事が掲載されていました。 平塚市博物館で、メガロドンの顎の化石のレプリカが11月4日(木)から展示されています。 こちらは京急油壷マリンパークより寄贈されました。 メガロドンは、2300万年前から360万年前まで生息していた史上最大のサメの仲間です。 平塚市博物館の入館料...
    2021/11/14
    未分類
    鎌倉市 『鎌倉小町とろふわかき氷』6/16(水)こまち茶屋で販売開始
    画像出典:@PRESS とろ・ふわ・ジューシーなかき氷! @PRESSに“上とろ・外ふわ・中ジューシー”食べて楽しい3種のかき氷 『鎌倉小町とろふわかき氷』6/16(水)こまち茶屋で販売開始という情報が紹介されていました。 アイザ鎌倉2F「こまち茶屋」では、2021年6月16日(水)より、“上も外も中も食べて楽しい”をコンセプトにした3種類の新作かき氷『鎌倉小町とろふわかき氷』の販売を開始しました...
    2021/06/25
    グルメ
    ニュース
    茅ヶ崎市 「コミュニティカフェゆめたい」12周年
    画像出典:写真AC 12周年 タウンニュースに12周年記念しギフト販売という記事が掲載されていました。 茅ヶ崎市にある「コミュニティカフェゆめたい」が、11月13日(土)に12周年を迎えたそうです。 同施設は「障がいの有無に関係なく、その人らしい生き方ができる社会にしたい」という思いから誕生しました。 12周年を記念して、「ゆめたいはーとほっこりギフト」を12月25日(土)まで販売しているそうです...
    2021/11/16
    ニュース
    公式SNS