三浦市 「金目鯛カレー」三浦ブランドに認定
ニュース

三浦市 「金目鯛カレー」三浦ブランドに認定

2022/01/13

フードロスも考慮された地物を使ったカレー

タウンニュースに金目鯛ゴロっと新カレーという記事が掲載されていました。

金目鯛専門店:公海(こうかい)の「大徳丸の金目カレー」が、三浦市内農水産物を使った土産物や食品の販促支援を目的とする三浦商工会議所の「三浦ブランド」商品に認定されました。

商品開発では「災害時でも魚が食べられるよう非常食を作りたい」と、常温保存ができるレトルトカレーに着目。フードロスをなくすため、加工時に出る切り落とし部分を使用しているのも特徴。白身魚なのでクセがなく、柔らかな肉質でカレーともよく合う。1食800円(税込)で、現在は店舗のみで取り扱っており、評判も上々だという。

三浦ブランド認定審査会は、12月中旬に実施され、認定から5年経過した商品も再審査。城ヶ島はちみつと海育ちの人参ジュースが再び認定を受け、これにより登録は55商品になった。

食品ロスも考慮された金目鯛カレー、美味しそうですね。レトルトカレーなので、お土産はもちろんストックに買い置きしておくのも良さそうです。ぜひ、お試しください!

関連リンク

タウンニュース

  • おすすめ記事

    藤沢市 『湘南 江の島Walker vol.01』の発行について
    2021年9月1日(水)~ 配布開始 藤沢市のホームページに「『湘南 江の島Walker vol.01』の発行について」という記事が掲載されていました。 藤沢の魅力が『湘南江の島Walker vol.01』として登場。今年はブランドを一新し、Walkerならではのスタイリッシュな感覚のご当地ガイドになりました。記念すべき第1号の表紙は、ふじさわ観光親善大使のつるの剛士さんに飾っていただきました。 ...
    2021/09/05
    エンタメ
    鎌倉文学館でバラまつりが開催中【6/10日まで】
    地元の育種家によるバラの展示も 東京新聞に鎌倉のアマチュア育種家の取材記事が掲載されていました。 東京新聞:バラに魅せられ60年余 鎌倉の育種家・大月さん:神奈川(TOKYO Web) 60年以上、バラづくりに取り組んできた大月啓仲(ひろなか)さん(89)という方が紹介されています。 現在、89歳というお歳だとか。 これまで30種類以上の品種を開発し、「鎌倉」「静の舞」「流鏑馬(やぶさめ)」といっ...
    2018/06/05
    イベント
    横須賀市 浄楽寺の御朱印NFTがOpenseaで授与開始!暗号資産polygonで販売
    画像出典:PR TIMES 世界初!御朱印のNFT化で観光客増加を期待 神社仏閣中心に神奈川県三浦半島の文化観光推進を行う一般社団法人BUSHIDO文化協会は、株式会社CRYPTO&と共同で、世界初の御朱印NFTをOpenseaで授与開始したことを発表しました。 同法人は御朱印をNFTとして世界に広く発信することで、神社仏閣とのご縁を広め、三浦半島地域への文化観光者の増加が期待しているよう...
    2022/01/04
    エンタメ
    ニュース
    横須賀市 「映え」料理で地元の魅力発見
    画像出典:写真AC 「よこすか青空レストラン」で横須賀の魅力を発信 タウンニュースにて、「映え」料理で地元の魅力発見という記事が掲載されていました。 横須賀の地元食材を使った料理を、シェフが振舞い、生産者と交流するすることで、新しい横須賀の魅力を発見する「よこすか青空レストラン」が11月30日に開催された。横須賀市では初の試みで、市と連携し、食材を提供した事業者のほか、味の奥深さを発信するためメデ...
    2021/12/11
    カルチャー
    グルメ
    公式SNS