カルチャー

小田原市 (株)小田原サンプル 食品模型は海を越え

画像出典:(株)小田原サンプル タウンニュース記事

米ECサイトで販路拡大

タウンニュースに(株)小田原サンプル 食品模型は海を越えという記事が掲載されていました。

小田原市久野の食品サンプル会社・(株)小田原サンプルが、アメリカで日本の伝統工芸品を扱うオンラインショップ「TOBIRA」から生活雑貨の共同開発依頼を受け、8月ごろから海外向けに商品を販売する。

同社は、県西で唯一の食品サンプルを専門に扱う事業者。代表の本多正典さん(43)は、食品サンプルの職人だった叔父に魅せられ、21歳でこの世界に。独自で技を磨き、県西を中心に食品サンプルづくりを行ってきた。新型コロナの影響で飲食店からの受注が激減したことから、昨年、一般向けに食品サンプル体験キットを開発し、販路を拡大。ウェブサイトを立ち上げ、SNSの発信も始めた。

大正時代から昭和初期にかけて誕生した食品サンプル文化は、日本国内外から注目を集めているとは知りませんでした。ワールドワイドでの今後の活躍に期待しております!

関連リンク

小田原サンプル公式Webサイト

関連記事

  1. 逗子市 逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める 中村 …
  2. 藤沢市 湘南 T-SITEにて《春の花器》をテーマにしたフェアが…
  3. 藤沢市 熱中症対策をサポート! セブンチケットでお得な「新江ノ島…
  4. 『夏休み!!ガラスびん×地サイダー&地ラムネ in 銭湯 202…
  5. hiratsuka-kodomosyokudo 平塚商工会議所青年部が子ども食堂を支援するポータルサイト制作
  6. 新品種トマト「湘南ポモロン」を使った商品開発をスタート
  7. 小田原市 小田原発のエネルギーマネジメントと連動した電気自動車特…
  8. hiratsuka-city-nursery-school-waiting-list-zero-2021 湘南・平塚市、5年ぶり待機児童ゼロに

新着記事

おすすめ記事

PAGE TOP