ニュース

小田原市 5月からキャッシュレス納付が可能に

キャッシュレス決済のイラスト

24時間365日 いつでもどこでも納付が実現

小田原市は、2021年5月から特定市税・料金をスマートフォンアプリによる決済を導入することを発表しました。

利用可能なスマートフォンアプリは「PayPay」、「LINE Pay」、「はまPay」、「ゆうちょPay」の4種で、納付書に印刷されているバーコードを読み取ることで納付をすることが出来ます。

スマートフォンにより納付可能な科目は市県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税(種別割)、国民健康保険料(普通徴収)、保育所保育料、学校給食費、水道料金・下水道使用料です。
支払いは納税義務者本人のスマートフォン以外からも可能です。
キャッシュレス決済による手数料はかかりませんが、納税証明書の発行までに3週間ほどかかる見込みですので証明書がすぐに必要な方はご注意ください。

キャッシュレス対応になると、現金を準備したり、外出の手間なく自宅や職場から納付できて便利ですね。
アプリに履歴も残るので家計簿の管理も楽になりそうです。

関連リンク

小田原市 | スマートフォンアプリによる納付(スマホ決済)

関連記事

  1. 藤沢市 小田急電鉄株式会社と持続可能な地域循環型社会の推進に係る…
  2. ラントリップが提供する、音楽とランニングが融合した「Music …
  3. 神奈川県三浦市の京急油壺マリンパークが閉館〜53年の歴史に幕【2…
  4. 平塚市の消防が高機能ボートを配備
  5. 電話機とクレジットカードを持つ高齢者の手 二宮町 特殊詐欺被害防止電話購入補助金を交付
  6. 鎌倉市 地域通貨で資源循環を目指す「まちのもったいないマーケット…
  7. 寒川町 スイセンの花園準備中
  8. 茅ヶ崎市 トライアル・ステイ

新着記事

おすすめ記事

PAGE TOP