【小田原 学びスポットレポ】小田原 マンホールの蓋 - ご当地マンホールの宝庫!定番マンホールからスペシャルマンホールまで<後編>
オリジナル 観光

【小田原 学びスポットレポ】小田原 マンホールの蓋 - ご当地マンホールの宝庫!定番マンホールからスペシャルマンホールまで<後編>

2022/10/29

マンホールは路上のアート!

手軽で誰もが見ることのできる路上アートとして近年じわじわと人気を集めている「マンホールの蓋」。
マンホール愛好家を「マンホーラー」や「蓋女」と呼び、マンホールを探す活動を「蓋活」なんて言ったりするそうです。

前編では、小田原の観光と共にマンホールアートを巡る順路をご紹介しています。

後編の今回は、小田原広域で見られる定番デザインと、特別なデザインのマンホールの蓋をご紹介いたします。

広域で見られるマンホールの蓋①

小田原市の広域で見ることができるマンホールの1つ目は、「酒匂川の渡し」です。
歌川広重の東海道五十三次の小田原をモチーフに、市内を流れる酒匂川と小田原城、箱根連山、霊峰富士をデザインしたマンホールの蓋。
小田原の魅力をギュッと詰め込んだデザインになっていますね。

間違い探しのようですが、目を凝らしてみると汚水(おすい)用と雨水(うすい)用があるんですよ。

前編でご紹介したかまぼこ通りには、同じデザインのカラーマンホールがあります。

酒匂川を渡っている姿は、カラーマンホールの方がより分かりやすいですね。

広域で見られるマンホールの蓋②

小田原市広域で見られるデザインの2つめは小型のマンホールの蓋です。
可愛らしい「メダカ」がデザインされ、通常のマンホールの蓋よりも小ぶりな蓋になっています。

蓋の小型化で「酒匂川の渡し」のデザインが収まらないため、新たに生まれたのが、清流を泳ぐ市の魚「メダカ」のマンホールなんだそうです。

広域で見られるマンホールの蓋③

消火栓や防火水そうの蓋も、市内のいたる場所で見ることができます。
いざという時に使用する場合もあるので、目立つカラーリングと分かりやすいデザインで、子供から大人まで認識できるデザインになっています。

マンホーラーからガンダムファンまで必見!

バンダイナムコグループ「ガンダムプロジェクト」では、全国の自治体と協力し、 国内活性化と全国の世代を超えたガンダムファンとの絆を表す取り組みとして、 ガンダムデザインのオリジナルマンホールの設置します。

小田原市がガンダムの生みの親である富野 由悠季(とみの よしゆき)さんの 出身地であるといった理由などから、プロジェクト第1号に選定され、2種類のマンホールの寄贈を受けることとなりました。

参照元:プロジェクト初!ガンダムマンホール寄贈 - LITTLE TRIP 小田原

2021年8月に設置されたマンホールで、ロボットアニメの金字塔ともいえる「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツの 「ガンダム」と「シャア専用ズゴック」の2種類があります。

ガンダムマンホールの蓋

前編でご紹介した際、ダイヤ街商店街の外れにスペシャルなマンホールの蓋があるとお伝えしていたのは、こちらです!

ダイヤ街商店街は北条家5代のマンホールが揃う中、1つだけガンダムデザインがあるのです。

小田原城を背景にしたガンダムというスペシャルなデザイン!
小田原城に行く際は必見のマンホールの蓋です。

シャア専用ズゴックマンホールの蓋

早川駅から歩いてすぐのところに小田原漁港(早川港)があります。

港内の一角には、1999年3月10日に完成・点灯された「小田原ちょうちん灯台」が見える場所があります。

そのすぐ近くに、シャア専用ズゴックマンホールの蓋があります。

小田原ちょうちん灯台を背景に、小田原漁港で獲れたであろう魚を持っているズゴックの姿は、なんだか愛らしいですね。

小田原とズゴックの夢の共演を果たしたマンホールは一見の価値があると思います!

近くには小田原漁港で水揚げされた新鮮な魚介を提供しているお店もあるので、合わせて行ってみるのも良さそうです。

小田原は道端アートの宝庫

前編・後編でお送りした小田原のマンホールの蓋ですが、その種類の多さをお分かりいただけたかと思います。

ただ観光地を歩くだけでなく、ご当地マンホールを探すだけでも観光がより一層楽しめるのではないでしょうか。

ぜひ小田原に出掛けた際は、マンホールの蓋にも注目しながら歩いてみてくださいね。

地図

【ガンダムマンホールの蓋】
■住所:〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2丁目9 ダイヤ街商店街内

【シャア専用ズゴックマンホールの蓋】
■住所:〒250-0021 神奈川県小田原市早川1丁目 小田原漁港内

関連リンク

プロジェクト初!ガンダムマンホール寄贈 | LITTLE TRIP 小田原
小田原市ホームページ | 下水道の豆知識

【小田原 学びスポットレポ】小田原 マンホールの蓋 - ご当地マンホールの宝庫!マンホールアートを目印に観光スポットを巡る<前編>

【大磯 学びスポットレポ】大磯 マンホールの蓋 - ご当地マンホールは道端のアート!観光スポットを巡りながら、大磯らしいマンホールアートに触れる一石二鳥コース

  • おすすめ記事

    茅ヶ崎市 パート就業の方に『公的給付』の講座
    画像出典:写真AC パート従業員のかたを守る 号外NETに 【茅ヶ崎市】労働問題に直面したら…。パート就業の方には知っておいてほしい『公的給付』について勉強しましょう~♪ という記事が掲載されていました。 茅ヶ崎市では『公的給付』について、講座などを開催して広く周知しているそうです。 『公的給付』ではコロナ禍により休業や解雇などになってしまったパート従業員のかたを守ることができます。 講座は茅ヶ崎...
    2021/11/07
    ニュース
    平塚市 『ロピア平塚ユニディ店』つきたて生餅の販売決定!
    画像出典:写真AC 数量・期間限定 つきたて生餅 予約受付中 号外NETにて、【平塚市】「ロピア平塚ユニディ店」で数量・期間限定でつきたての生餅を購入できます!という記事が掲載されていました。 ロピア平塚ユニディ店では、つきたての生餅を数量・期間限定で販売中だそうです。この生餅は江の島の老舗せんべい店、『大黒屋』さんが作っている生餅だそうで、1枚(1.4キロ)¥1,814で販売中です。12月24日...
    2021/12/02
    グルメ
    茅ヶ崎市 持続可能なまちづくりに向けてエリアマネジメントの推進に関する連携協定を締結
    画像出典:PR TIMES 大和リース株式会社、茅ヶ崎市らが、持続可能なまちづくりに向けた連携協定を締結 大和ハウスグループである大和リース株式会社、茅ヶ崎市、独立行政法人都市再生機構、特定非営利活動法人まちづくりスポット茅ヶ崎の4者は、浜見平地区におけるエリアマネジメントの推進持続可能なまちづくりに向けて連携協定を2021年12月22日に締結したことを発表しました。 エリアマネジメントとは、「住...
    2021/12/28
    ニュース
    プラスチックごみ削減に向け藤沢市がウォータースタンドを順次設置
    藤沢市が民間と連携し市内にウォータースタンドを順次設置 先月の18日に藤沢市とウォータースタンド株式会社との間で「プラスチックごみ削減に関する協定」が締結されました。 この協定によりペットボトルなどの使い捨てプラスチックごみの削減を目的とし、藤沢市内の公共施設にウォータースタンド約15台を順次設置するそうです。マイボトルを持っていれば誰でも無料で給水することができ、ペットボトル削減の効果が期待でき...
    2021/04/07
    ニュース
    公式SNS