鎌倉市 自動野菜収穫ロボットの開発会社がFutureFoodFundから資金調達
グルメ ニュース

鎌倉市 自動野菜収穫ロボットの開発会社がFutureFoodFundから資金調達

2022/03/05

今回の投資実行で投資先は計15社、累計投資総額約9億円

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社の投資子会社であるFuture Food Fund株式会社が、自動野菜収穫ロボットの開発・サービス提供を行うinaho株式会社および、プラントベースの代替まぐろの開発を行っているImpact Food Inc.の2社に新規投資を実行したことを発表しました。

今回調達した鎌倉市のinaho株式会社は、農業の高齢化や人手不足といった社会課題に対し、自社開発の「自動収穫ロボット」により一次産業の自動化・省力化ソリューションを提供する日本企業であり、農家や農業事業を展開するLP(有限責任組合員)へのロボット導入や共同研究を促進し、収穫の効率化による持続可能な農業の実現を目指しているそうです。

同社が日本とEUで提供する、AIを搭載したコネクテッドな自動野菜収穫ロボットは、新しいロボット産業の発展のモデルとして「第9回ロボット大賞」農林水産大臣賞を受賞するなどの実績があります。

農業の高齢化や人手不足といった社会課題をロボットが解決する事例が多いですね!

関連リンク

PR TIMES

  • おすすめ記事

    藤沢市 焙煎所カフェが再生可能エネルギー100%でコーヒー作り
    画像出典:写真AC 「7325COFFEE」・「五右衛門風呂焙煎所」が再生可能エネルギーでのコーヒー提供へ 湘南経済新聞にて、「藤沢の焙煎所カフェが再生可能エネルギー100%でコーヒー提供」が掲載された。 店主の亀井雄介さんと妻里美さんが、2013年に7325COFFEEを立ち上げ、2019年に五右衛門風呂焙煎所も開業した。 鵠沼海岸という海に囲まれた環境で開業した事で、海洋汚染や環境問題に興味が...
    2021/12/07
    ニュース
    茅ヶ崎市 武蔵野大学学生21名の創作活動による茅ヶ崎のコミュニティスペースづくり「あわいDEカタチ」共創プロジェクトが始動
    冬のサザンビーチの新しい価値創造に向けたデザイン実践 PR TIMESに「武蔵野大学学生21名の創作活動による茅ヶ崎のコミュニティスペースづくり「あわいDEカタチ」共創プロジェクトが始動」という記事が掲載されていました。 武蔵野大学工学部建築デザイン学科の学生21名による、神奈川県茅ヶ崎市のコミュニティ型コワーキング&カフェバー併設施設「,COMMA」(以下「,COMMA」)とサザンビーチちがさき...
    2021/11/22
    カルチャー
    小田原市 市営住宅入居者募集中
    空き家26戸 小田原市HPに令和4年9月(随時募集)市営住宅入居者募集についてが掲載されていました。 小田原市営住宅入居者の9月の随時募集の詳細がリリースされました。定期募集は6月と12月に、随時募集は9月と3月に行っています。募集戸数 は空き家26戸(家族向け20戸、家族・単身向け6戸)です。申込書(募集のしおり)は8月15日(月)から 9月30日(金)に市役所、タウンセンター、アークロード市民...
    2022/08/15
    お知らせ
    横須賀市 横須賀美術館 糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。
    概要 6月27日(日)まで横須賀美術館で企画展 糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。が開催されています。 糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。 糸や布などから生まれる多彩な表情を見せる刺繍は、作った人の身体性までも伝えてくれる魅力的な表現形態です。 本展では中・東欧の民俗衣装、イヌイットの壁掛け、フランスのオートクチュール刺繍から現代の絵本原画やイラスト、アートなど幅広い分野におけ...
    2021/06/22
    イベント
    カルチャー
    公式SNS