大磯町 津波災害警戒区域の指定
ニュース

大磯町 津波災害警戒区域の指定

2021/08/17

津波災害警戒区域

大磯町HPに津波災害警戒区域の指定についてが掲載されていました。

大磯町は最大クラスの津波から住民等の生命を守ることを最優先に考え、津波災害警戒区域 の指定を神奈川県から受けるための調整を進めているそうです。
区域指定を受けた後は、地域住民に対して、説明会を実施する予定です。
町として、今後もこうした取組みを進めることで住民の安全・安心を確保していくとのことです。

住民にとって、自治体のとる災害の対策はとても重要ですね。
神奈川県からの指定を得られたらますます取られる対策が多くなっていきそうです。

 

関連リンク

津波災害警戒区域の指定について

おすすめ記事

藤沢市 「生ごみは資源」常識に
飲食店主がコンポスト開発 タウンニュースの藤沢版に「「生ごみは資源」常識に 」という記事が掲載されていました。 循環型の食生活、始めてみませんか――。遠藤にある「農家レストランいぶき」店主の里崇さん(39)が、家庭から出る生ごみを微生物の力で分解する「コンポスター環(たまき)」を開発した。コロナ禍に伴う外出自粛で自炊する人が増える中、環境に優しいごみの減らし方に着目。生ごみを堆肥に変え、家庭菜園に...
2021/08/13
カルチャー
茅ヶ崎市 (株)Agnaviが日本酒一合缶専用の空断熱缶ホルダーを開発!
画像出典:PR TIMES 【国内初】保冷保温で適温長持ち! (株)Agnavi(茅ヶ崎市)が運営する「ICHI-GO-CAN®」は、三恵技研工業(株)と共同で、保冷保温で日本酒の適温を長持ちできる真空断熱「日本酒一合缶(180ml)専用の一合缶ホルダー」を発売するプロジェクトを開始したと発表しました。 (株)Agnaviは、湘南ビジネスコンテストで準大賞の経験もある茅ヶ崎のスタートアップ企業。「...
2021/07/15
ニュース
【アップデート情報】茅ヶ崎市 2022年4月1日からごみ有料化を実施
茅ヶ崎市 2022年4月1日からごみ有料化へ 茅ヶ崎市は、更なるごみ減量化を図るため、2022年4月1日(金)からごみ有料化を開始に関する続報です。詳細について tvkが報じています。 今回の有料化により2億3000万円の歳入が見込まれており、家庭ごみ削減率を34年度にー25%にするという目標を発表しました。 「茅ヶ崎 市ごみ今後、ごみ有料化に伴う指定ごみ袋の仕様や具体的なごみの排出方法などを、説...
2021/05/12
ニュース
葉山町 給食センター 民間との対話で情報収集
サウンディング型市場調査へ タウンニュースの逗子・葉山版に「葉山町 給食センター 民間との対話で情報収集」という記事が掲載されていました。 葉山町教育委員会は、現在停止している給食センター整備事業についての対応を、6月21日に開かれた町議会教育民生常任委員会で発表した。 中学校完全給食を実現するため、サウンディング型市場調査を今夏に実施。 民間業者の多様な意見や提案を把握し、事業の進展を図る。 今...
2021/06/29
カルチャー
公式SNS