カルチャー

寒川町 ワンマン対応車両へ

相模線 秋ごろ導入

タウンニュースの寒川版に「ワンマン対応車両へ」という記事が掲載されていました。

JR東日本が6月17日に相模線の新車両を発表した。今年の秋ごろから導入する予定で、4両編成を計12編成新造し、現在走っている車両との置き換えを目指す。
30年ぶり新調
「E131系」はワンマン運転に対応しており、車両側面のカメラを通じて乗務員が運転台から乗客の乗り降りが見られるほか、各車両に防犯カメラや非常通報装置も設置。

乗り換え案内の大型ディスプレイ、車いすやベビーカーのためのフリースペースも各車両に設ける。ワンマン運転は単線の御殿場線(JR東海)などで導入されており、一部駅では運転手がドアを開閉したり、運賃箱のチェックなどを担う。

JR東日本によると、相模線でのワンマン運転実施については未定という。30年前に導入された現在の205系は、すべて入れ替える方針。
相模線では沿線自治体がリニア新幹線や新幹線新駅設置などを視野に、複線化を求めている。利用状況は80年代から3倍程度に増えたが、ここ数年は大きな伸びがない。

新車両の顔には、水玉模様で湘南の海や波の水しぶきが表現されており、座席も相模川や湘南をイメージしたブルー系の彩りとのことです。

関連リンク

ワンマン対応車両へ

関連記事

  1. 湘南・葉山の旧東伏見宮別邸で「ICON/OHGUSHI」開催
  2. 葉山町 葉山から全国の棚田へ広がる「棚田アイス」の取り組みとは?…
  3. 横須賀市 湘南菱油 実地訓練で危機意識啓発
  4. 湘南のお寺巡りにも役立つ「湘南のお地蔵さま」出版
  5. 鎌倉文学館で「生誕150周年 漱石からの手紙 漱石への手紙」展が…
  6. 横浜市営交通100周年オリジナルフレーム切手の1部 横浜市 横浜市営交通100周年オリジナルフレーム切手を販売!
  7. 大磯町 令和3年度の海開き式について
  8. 食品ロス削減レシピ付き新連載スタート! ロスみかんやオレンジでつ…

新着記事

おすすめ記事

PAGE TOP