ニュース

横須賀市の令和3年度の待機児童は45人→21人へ半減

waiting-child-in-yokosuka-decrease

利用申し込みの減少が最も大きな要因か

横須賀市ホームページで 令和3年4月1日現在の保育所等利用待機児童数について(2021年4月22日) という発表が掲載されていました。

資料を見てみると、一番変化の大きな数字は「利用申込児童数」で、令和2年度の1,419人から1,361人へ58人減少しています。

同時に「利用児童数」も1,124人から1,096人へと28人減っており、全体的に利用申し込み、利用者数の減少によって待機児童が減ったと考えられそうです。

資料では受け入れ人数の増減には触れられていないので、効果的な対策が打たれたかどうかまでは判断できなさそうです。

より積極的な対策の実行に期待したいですね。

関連リンク

横須賀の住み心地 子育て・教育 横須賀の保育環境| Yokosuka Reconstruction Plan

 

関連記事

  1. 鎌倉市 ドーナツ専門店フロレスタ初!タキシードサムとのコラボドー…
  2. 【藤沢市】サーフィン代表・都筑選手「平常心で臨む」
  3. 横須賀市「谷戸再生」アイデア求む
  4. 平塚市 『トロピカル~ジュ!プリキュア』後期主題歌シングル ジャ…
  5. 茅ヶ崎市 GDO茅ヶ崎ゴルフリンクス クラブハウス内「TREX …
  6. 湘南学園中学校高等学校  オンライン国際交流
  7. 「日刊SPA!」のご当地エナジードリンクベスト3に「湘南ゴールド…
  8. 茅ヶ崎市 住居表示番号に枝番をつけたいとき

新着記事

おすすめ記事

PAGE TOP