スポーツ

湘南でヨットフェスティバル開催決定!名誉委員長に加山雄三さんが就任

yacht-festival-is-held-in-shonan-yuzo-kayama-became-the-honorary-chairman

2020東京オリンピックでの湘南・江ノ島セーリング実施に向けて開催

女性自身公式サイトに湘南で開催されるヨットフェスティバルの名誉会長に加山雄三さんが就任するというニュースが掲載されていました。

東京五輪に向けて 若大将も後押し(神奈川新聞社) – 女性自身[光文社女性週刊誌]

これは、県と県内16のヨット係留施設(マリーナ)でつくる「日本マリーナ・ビーチ協会神奈川県支部」(熊澤喜一郎支部長)が6月28日、江の島の湘南港に停泊する船舶の移動やヨットの魅力の普及啓発などで協力する覚書を結んだことを受けて、その協力の一環として実施されるものだそうです。

覚書では、

  • 湘南港に保管されている艇の移動
  • セーリング競技の普及啓発
  • ヨットの振興による沿岸地域の活性化

などが主な内容として盛り込まれているそうです。

湘南港には現在、船舶約1000艇が停泊しており、五輪の実施にあたっては移動が必要とされてきました。

今回の覚書により、16のマリーナでクルーザー100艇の移動の受け入れが可能になるそうです。

また、フェスについては、「史上最大級のヨットフェスティバル『ENJOY 海 KANAGAWA』」としてセーリングの体験イベントを開催。

10月8日(土)、9日(日)の2日間は逗子マリーナで、小型から大型まで各種ヨット体験や、ヨットレースを旅客船から観戦するクルージングなども開かれるそうです。

ヨット競技は、マリンスポーツの中でもなかなか馴染みの薄いものだと思うのですが、こういう機会に楽しさに触れられるのはいいですね。

関連リンク

史上最大級のヨットフェスティバル「ENJOY 海 KANAGAWA」の開催について – 神奈川県ホームページ

2020年東京オリンピックのセーリング会場が江の島に決定しました! |藤沢市

 

関連記事

  1. 大相撲小田原場所のチケット販売が5月1日(月)より開始
  2. 湘南の釣り堀リンク集
  3. 湘南T-SITEで6月1日より「サーフボード万博」を開催
  4. 湘南オープンウォータースイミングで78歳男性が死亡
  5. 湘南・鵠沼海岸で国内最大級のサーフフェスティバル「MURASAK…
  6. 夏の甲子園Vの花咲徳栄を日大藤沢が破る
  7. 湘南ベルマーレの歩みをたどる特集記事【サッカーキング】
  8. 国内最大のサーフフェスティバルが鵠沼海岸で開催されます

新着記事

イベントカレンダー

おすすめ記事

PAGE TOP