横須賀市 市内唯一の自立準備ホーム「なんとかでき荘」始動
ニュース 暮らし

横須賀市 市内唯一の自立準備ホーム「なんとかでき荘」始動

2021/12/14

画像出典:AC

行き場を失った若者の自立支援のために

PR TIMESに、「横須賀市唯一の自立準備ホーム『なんとかでき荘』運営をスタート。」という記事が掲載されていました。

NPO法人なんとかなるが運営する中間支援施設「なんとかでき荘」は、横須賀市唯一となる「自立準備ホーム」に登録された。これを受けて、「家で暮らせない若者の自立支援」というミッションを「住まい・仕 事・学び」の提供を通じて実践する取り組みを、さらに加速させていく。
これまでは、任意の中間支援施設「なんとかでき荘」で少年院や刑務所等を出院・出所した若者を受け入れてきが、少年院や刑務所を仮出院・仮出所して満期となるまでの間、食事付きの住居を提供する施設「自立準備ホーム」として登録された。

少年院、刑務所などから出院・出所した後、家族が身元引受人にならず行き場をなくしてしまう若者たちがいます。このことは、社会全体で考えなければならない課題となっています。
NPO法人なんとかなるの共同代表である吉田さんは、元横須賀市長なんだそうです。横須賀市民以外でも、NPO法人なんとかなるへの支援や寄付が出来るそうなので、少しでも関心のある方は一度公式サイトをご覧いただければと思います。

 

関連リンク

PR TIMES「横須賀市唯一の自立準備ホーム『なんとかでき荘』運営をスタート。」
NPO法人なんとかなる|公式サイト

  • おすすめ記事

    茅ヶ崎市 鶴嶺公民館利用について
    「利用者懇談会」なども開催 茅ヶ崎市HPに鶴嶺公民館利用登録団体・サークルの方へが掲載されていました。 6月1日から、鶴嶺公民館の利用に係る制限はおおむね解除されているそうです。ただ、今後の新型コロナウイルスの感染状況によって、利用に係る制限解除を見直しする場合もあるとのことです。 鶴嶺公民館「利用者懇談会」なども開催しているようです。感染症に気をつけて公民館での活動を楽しんでいきたいですね! 関...
    2022/08/18
    お知らせ
    【鎌倉 グルメレポ】うなぎのつるや - 1929年創業の歴史あふれる鰻屋さん
    食べログ3.59の絶品うな重を和田塚で! 鎌倉の和田塚にあるうなぎのつるやに行ってきました。 1929年に創業され、93年もの間、鎌倉・和田塚に佇むうなぎ専門店です。 お店は、JR鎌倉駅からは徒歩13分、江ノ電和田塚駅から徒歩2分の場所に位置しています。 鎌倉駅から散歩しながら向かうのも良いですし、江ノ電に揺られながら向かうもの良いですよね! 今回は、歴史を感じることができる外観、そして食べログで...
    2022/11/05
    オリジナル
    グルメ
    平塚市 Instagram公式アカウント「hiratsukagood」で情報発信中!
    写真や動画を公式アカウントで投稿中 平塚市のホームページに、「Instagram公式アカウント『hiratsukagood』」という記事が掲載されていました。 平塚市のinstagram公式アカウント「hiratsukagood」から平塚を彩る季節の花や湘南平塚の海、市内で開催されるイベントなどを「#hiratsukagood」のハッシュタグをつけて発信。 3年ぶりの開催となる第70回湘南ひらつか...
    2022/07/02
    イベント
    お知らせ
    二宮町 町立小学校の4年生に出前環境教室を実施しながら、「みんなでつくる みんなの未来」を配布
    環境問題について学び考える機会を 二宮町のホームページに、「みんなでつくる みんなの未来」という記事が掲載されていました。 世界では、気候変動や海洋汚染などさまざまな環境問題が深刻化しています。今後、ICT化やグローバル化の進展が見据えられる中で、将来を担う子どもたちが世界の子どもたちに遅れることのないよう、町では環境教育をはじめ、子どもたちを巻き込んだ環境づくりの推進に力を入れています。 その一...
    2022/08/12
    お知らせ
    公式SNS