カルチャー

横須賀市 自宅が学び舎、親が教師役

「ホームスクール」多様な教育

タウンニュースの横須賀版に「自宅が学び舎、親が教師役」という記事が掲載されていました。

学校に通学せず、自宅で保護者自らが子どもに学びの場を提供する「ホームスクール」。鶴が丘で歯科医師として働く芹田枝里さんはこの形態を取り入れ、小学生の子ども2人を育てている。

「アメリカのように学校とホームスクールの関係性が対等ではない」と芹田さんらは今年1月、SNSでつながったホームスクールに取り組む保護者と任意団体「ホームスクール&ホームエデュケーション家族会」を設立。

「家庭を拠点とした教育・学びの認知度向上」を目的にオンラインで保護者同士が集い、子どもの悩み相談や成功事例などを共有している。

課題は山積みですが、様々な学びのスタイルがあることを多くの人に知ってもらい、最終的には国や行政などの経済支援が可能になれば良いですね。

関連リンク

自宅が学び舎、親が教師役

関連記事

  1. 茅ヶ崎市 「1年1組」の隣も「1組」
  2. 横須賀市 AI運行バス 本格導入に向け実証実験
  3. 茅ヶ崎市 企画展「human nature / Fujiwara…
  4. 三浦市 『ライフアソート三浦海岸 マリン・コート』が「第11回優…
  5. 茅ヶ崎市 国民健康保険料のキャッシュレス決済
  6. 鎌倉市  鎌倉版 掲載号:2021年7月9日号 子どもも考える「…
  7. 湘南・鎌倉で話題のユニークな図書館/カフェ
  8. 湘南・葉山の旧東伏見宮別邸で「ICON/OHGUSHI」開催

新着記事

おすすめ記事

PAGE TOP