逗子市 さまぁ〜ず・大橋リナも一部制作に参加!BAYFLOWが逗子海岸のエコステーションをプロデュース
ニュース

逗子市 さまぁ〜ず・大橋リナも一部制作に参加!BAYFLOWが逗子海岸のエコステーションをプロデュース

2021/08/05

画像出典:株式会社アダストリア PR TIMES記事

#Just Sound Goodスペシャルアイテムの売上の一部で制作。

PR TIMESにさまぁ〜ず・大橋リナも一部制作に参加!BAYFLOWが逗子海岸のエコステーションをプロデュースという記事が掲載されていました。

BAYFLOWが取り組むサステナビリティは、自然を愛する仲間たちの笑顔を繋ぎ、共感の輪が少しでも大きくなる事に、ファッションを通して貢献することです。ブランドストーリーテラーにお笑い芸人のさまぁ〜ずさんを起用したキャンペーン『#Just Sound Good』では、「明るく、楽しく、BAYFLOWのサステナビリティサイクル」をテーマに、モノづくりを起点とし、海や自然との交流、そしてその美しい海や自然を守るための活動を動画やビジュアルで配信しています。

海や自然を守るための活動として支援先に決定したのは、一般社団法人「&beach(アンドビーチ)」。&beachは、逗子海岸の国際環境認証「ブルーフラッグ」取得に向けて、ビーチクリーンや地域住民の方への啓蒙活動を行うため、逗子海岸営業共同組合が立ち上げた団体です。
毎年海水浴シーズンに何十万人もの方が訪れる逗子海岸でどうしても出てしまうゴミをできる限りリサイクルしていくために、そして少しでも多くの方にゴミ問題について知っていただくために、&beachがエコステーションを運営しています。ただ問題に向き合うだけでなく、楽しんでゴミの分別をしていただきたいという想いのもと、2020年4月に発売された#Just Sound Goodスペシャルアイテムの売上の一部を用い、この度BAYFLOWがこのエコステーションをプロデュースしました。美しい海や自然を守るためのこのような活動を、今後、全国の海に広げていくことを目標にしています。

■さまぁ〜ずさんと大橋リナさんも一部参加したエコステーション制作風景を動画で公開!
ゴミ箱の分別サインをさまぁ〜ずさんと大橋リナさんが自ら書き、自らゴミ箱に打ちつける作業を行いました。まるで童心に帰るように夢中で制作をしていた三人の様子を動画と特設WEBページでご覧いただけます。
<BAYFLOW YouTubeチャンネル>https://youtu.be/50DXcCOYehQ
<特設WEBページ>https://www.bayflow.jp/topics/justsoundgood-vol15/

逗子の海水浴場は本年は休場となりましたが、ビーチに訪れた際はこちらのエコステーションを利用しましょう!

関連リンク

&beach

おすすめ記事

小田急電鉄 乗車券類の払いもどし
払いもどし 小田急電鉄は緊急事態宣言が発出されたこと等を受け、ご旅行を見合わせる方に対して2021年7月12日(月)初電より乗車券類の払いもどしなどの対応をしているそうです。 乗車券類、定期乗車券、「小田急チケット10」および「特殊割引回数乗車券」などが対象です。 払いもどし対応期間は2021年7月12日(月)~緊急事態措置の実施期間の最終日の翌日から起算して1ヶ月、払いもどし箇所は小田急線定期券...
2021/07/19
ニュース
5月30日は「ごみゼロの日」! 逗子でイベント「ごみゼロへチャレンジ」開催
逗子の市民団体「逗子ゼロ・ウェイストの会」がごみを出さない社会をめざし開催 逗子葉山経済新聞に 逗子で自宅から海岸までごみ拾い 5月30日「ごみゼロの日」に という記事が掲載されていました。 逗子の市民団体「逗子ゼロ・ウェイストの会」(逗子市久木)が「ごみゼロの日」である5月30日、イベント「ごみゼロへチャレンジ」を行う、というものです。 自宅から逗子海岸までの間を歩いてゴミを拾うというこのイベン...
2021/05/27
イベント
ニュース
【藤沢市】知的障害者の舞台公演
知的障害者の舞台公演 ダウン症や自閉症のある人たちが演奏や演劇を披露する「素敵な出逢いフェスティバル」が9月19日(日)、横浜市磯子区民文化センター杉田劇場で開かれる。 主催は藤沢を拠点にするNPO法人ドリームエナジープロジェクト。開演は午後1時30分と5時の2回。一般2500円、高校生以下1500円。 問い合わせは内海さん【携帯電話】090・2431・3020。 開催可否に関しては同法人ホームペ...
2021/09/01
ニュース
小田原市 (株)小田原サンプル 食品模型は海を越え
画像出典:(株)小田原サンプル タウンニュース記事 米ECサイトで販路拡大 タウンニュースに(株)小田原サンプル 食品模型は海を越えという記事が掲載されていました。 小田原市久野の食品サンプル会社・(株)小田原サンプルが、アメリカで日本の伝統工芸品を扱うオンラインショップ「TOBIRA」から生活雑貨の共同開発依頼を受け、8月ごろから海外向けに商品を販売する。 同社は、県西で唯一の食品サンプルを専門...
2021/06/21
カルチャー
ニュース
公式SNS