逗子市が土砂災害予兆検知に関する取り組みを開始
ニュース

逗子市が土砂災害予兆検知に関する取り組みを開始

2021/05/22

地盤変動解析によって土砂崩れの予兆を検知する研究を開始

PR TIMESに Edafos社、逗子市と土砂災害予兆検知に向けたSAR解析の高度化に関する共同研究を開始 というプレスリリースが掲載されていました。

Edafos株式会社のプレスリリースになります。

今回、合成開口レーダ(SAR)による土砂災害予兆検出技術をより高度化するために、Edafos社と共同研究を行う取り組みを開始するということのようですね。

逗子市では2020年に市街で大規模な土砂崩れが発生し、女子高生が亡くなったという事故が発生していますので、こうしたシステムが改良されていくと安心ですね。

また、神奈川県でも土砂災害の危険性がある地域の把握など、対策を進めており、県の発表している資料によれば、逗子市周辺の土砂災害特別警戒区域は以下のようになっています。

警戒区域及び特別警戒区域の指定区域数

急傾斜地の崩壊
警戒区域 特別警戒区域
 横須賀市 1,121区域 1,045区域

逗子市

119区域 117区域
 三浦市 179区域 169区域
 葉山町 135区域 132区域

(2021年3月19日時点/神奈川県ホームページより)

逗子市が特に多いと思っていましたが、実は横須賀市が突出して多いですね。。

これから雨の多い季節になりますので、こうした情報をチェックして防災対策をしていくようにしてください!

関連リンク

神奈川県土砂災害情報ポータル
※土砂災害のおそれのある区域の検索や、土砂災害警戒情報の発表状況、雨量の状況などを確認することができる、神奈川県のポータルサイトです。

 

  • おすすめ記事

    茅ヶ崎市 「湘南ちがさき屋」で『茅ヶ崎版 年賀はがき』が買えます
    画像出典:写真AC テスト見出し 号外NETに【茅ヶ崎市】来る令和4年!年賀状の準備はお済みですか?茅ヶ崎ならでは年賀状がありますよ♪という記事が掲載されていました。 茅ヶ崎市の「湘南ちがさき屋」で、『茅ヶ崎版 年賀はがき』を買えるそうです。 額面下デザインは4種類で、それぞれを選ぶことができます。 裏面のデザインは烏帽子岩やえぼし麻呂、サザンビーチにある『茅ヶ崎サザンC』等、茅ヶ崎らしいデザイン...
    2021/12/07
    ニュース
    茅ヶ崎市 介護保険料の減免制度
    福祉部 高齢福祉介護課よりお知らせ 茅ヶ崎市HPに介護保険料の減免制度という記事が掲載されていました。 次の理由により、介護保険料の納付が一時的に困難になった場合には減免の制度があります。必要書類等については高齢福祉介護課にご相談ください。 減免対象者 世帯の月額収入が生活保護基準の1.1倍以下で、生活が困窮しているかた (収入には、遺族年金、障害年金、老齢福祉年金、仕送り、預貯金などを含みます。...
    2021/08/03
    ニュース
    平塚市 自然災害伝承碑について
    自然災害伝承碑とは 平塚市ホームページに「平塚市の自然災害伝承碑」という記事が掲載されていました。 「自然災害伝承碑」とは、過去の地震や洪水、土砂災害などの自然災害が起きたことが記されている石碑やモニュメントのことで、地域住民の防災意識の啓発等を目的に国土地理院が登録を進めています。 平塚市では、自然災害伝承碑として3件が登録されており、国土地理院のホームページ 地理院地図で位置などが公開されてい...
    2022/08/27
    お知らせ
    茅ヶ崎市 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と共同取組に関する覚書を締結
    罹災証明書を早期・効率的に発行するために 茅ヶ崎市ホームページに茅ヶ崎市令和4年7月26日発表 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と共同取組に関する覚書を締結という記事が掲載されていました。 茅ヶ崎市は、水害が発生した時の罹災証明書を早期にかつ効率的に発行するため、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と共同取組に関する覚書を締結しました。 民間団体と連携しながら被災者の早期復興の支援策を推進して...
    2022/07/30
    お知らせ
    公式SNS