カルチャー

逗子市 逗子市役所ロビーに障がい者就労支援の場「青い鳥」 新たなスタート

保存料・着色料を使わないパウンドケーキやクッキーなどを通所者が手作り

逗子葉山経済新聞に「逗子市役所ロビーに障がい者就労支援の場「青い鳥」 新たなスタート」という記事が掲載されていました。

売店「青い鳥」が6月1日、逗子市役所1階ロビーにオープンした。

オープン初日は、記念企画として合計500円以上の商品購入客先着15人に「肉球プレーンマフィン」を進呈した。

市の広報でオープンを知り、菓子を買いに来たという地元女性の一人は「ここのクッキーが好き。ここで買えるようになってよかった」と笑顔を見せる。

商品は、地域活動支援センター「リプル」(逗子市逗子)の菓子や、就労支援事業所「ラパン」(鎌倉市大町)の日替わり弁当(550円)などを用意する。

営業時間は11時~14時。土曜日曜祝日定休。

ここの手作りのクッキーはサクッとしていてお薦めですよ。

関連リンク

逗子市役所ロビーに障がい者就労支援の場「青い鳥」 新たなスタート

関連記事

  1. 逗子市 逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める 中村 …
  2. 小田原市 Le Furo クラフト温泉SPAを備えたリトリートホ…
  3. 鎌倉市 給水スポット供用開始
  4. 京都の山を舞台にした「歴史上初の木製サーフボード作り」がドキュメ…
  5. 逗子市 逗子で年に1度の田越川一斉清掃 650人でごみ1700キ…
  6. 足柄下郡箱根町 ポーラ美術館 フジタ-色彩への旅
  7. kamakura-kitchoan-tenohira 鎌倉・吉兆庵美術館で「手のひらサイズを愛でる」展が開催中【202…
  8. 湘南出身の新進気鋭ラッパーJP THE WAVY×LEX対談【動…

新着記事

おすすめ記事

PAGE TOP