スポーツ

藤沢市 五輪前最後の都市ボランティア研修会を実施

朝日新聞によると、東京五輪でセーリング競技が開かれる藤沢市で20日、観戦者らを案内する「都市ボランティア」の最後の研修が行われたそうです。
オンライン中継での参加者も含め、105人が受講。ボランティア推進員の荒木吉雄さん(66)が活動内容を説明し、「感染症対策をした上で楽しんでもらえれば」と呼びかけました。
大会本番では、7月25日から8月5日にかけて、1人が1日4時間で、原則3日間活動します。

個人的な話で恐縮ですが、2018年の平昌オリンピックを現地観戦した際、交通誘導を担当していた地元のボランティアの方が温かく話しかけてくれたことを今でも鮮明に覚えています。
東京オリンピックは制限の多い大会にはなりますが、気持ちよくスムーズな運営を支えているボランティアの方々の姿勢はきっと変わらないと思うので、彼らへの感謝の気持ちを忘れずに、テレビ中継を楽しみたいと思います。

 

朝日新聞デジタル「五輪を前に最後の都市ボランティア研修会 藤沢市」(6月21日)
(画像は本記事より引用)

関連記事

  1. 小田原市 (株)小田原サンプル 食品模型は海を越え
  2. 茅ヶ崎市 (株)Agnaviが日本酒一合缶専用の空断熱缶ホルダー…
  3. 藤沢市 『ガールズ・メディア・スタディーズ』刊行記念トークイベン…
  4. 鎌倉市 コーストラインにオーシャンフロント バーケーションレンタ…
  5. tsubana-nari-gallery 湘南・茅ヶ崎「ツバナ(TSUBANA)」に人気イラストレーター …
  6. 「第11回記念大会 湘南国際マラソン」エントリーが間もなくスター…
  7. 佐川急便/7月23日~9月5日間の荷物のお届けに遅れが生じる可能…
  8. 中止から一転開催が決まった鎌倉花火大会の事情とは?

新着記事

おすすめ記事

  1. kamakura-kitchoan-tenohira
  2. waiting-child-in-yokosuka-decrease
PAGE TOP