三浦市 市長、選挙区合区に関する要望書提出へ
ニュース

三浦市 市長、選挙区合区に関する要望書提出へ

2021/12/08

画像出典:写真AC

三浦市長、県議会に「県議会議員選挙区の合区の検討に関する要望書」提出

公職選挙法では、選挙区の人口が議員1人あたりの人口の半数未満となった場合、隣接する市町村の区域と一選挙区に合区すると規定がなされている。

神奈川県の議員1人あたりの人口は8万8003人。三浦市は4万2098人で半数に満たない為、三浦市はその条件に該当する。また、合区となった場合は、横須賀市(定数5)と一選挙区になる見込み。

吉田市長は提出した要望書に、人口減少が顕著な小規模自治体の意見が県政に届かなくなるのではないか。と危惧している旨を記載し、地域の実情や特性を考慮し、特例選挙区とするよう求めた。

人口減少が叫ばれる中、こういった小規模自治体がどんどん出てくるんだと痛感させられました。小規模自治体で過ごされている方々の民意もきちんと伝わる政治にしてほしいですね。

関連リンク

県議会選挙区再編案に要望市長「特例適用を求める」

  • おすすめ記事

    平塚市 龍城ケ丘プール跡地 市が着工延期を決定
    画像出典:写真AC 塩・風害の調査のため タウンニュースの平塚版に「龍城ケ丘プール跡地 市が着工延期を決定」という記事が掲載されていました。 平塚市は11月10日、湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン整備・管理運営事業について、当初予定していた12月の工事着手を延期すると発表した。塩・風の調査や既存樹林をさらに保全する検討等を行うため。着工時期は12月末までに決定。また、16日の定例記者会見で、同じく12月...
    2021/11/26
    カルチャー
    鎌倉市 資源循環型エコサイクルを目指す「まちのもったいないマーケット」プロジェクト始動
    画像出典:PR TIMES 「まちのコイン」でごみの課題に楽しく取り組み、良好なコミュニティを構築 「面白法人」として知られる、株式会社カヤックは、鎌倉市においてフードロスなど廃棄物の収集・販売をコミュニティ通貨「まちのコイン」を介して行う「まちのもったいないマーケット」プロジェクトを7月2日(金)から始動しました。コミュニティ通貨「まちのコイン」を介して、フードロスなど廃棄物の買取・収集・販売を...
    2021/07/07
    ニュース
    【藤沢市】サーフィン代表・都筑選手「平常心で臨む」
    本日7月23日の東京2020オリンピックの開幕に先駆けて、8日、東京五輪のサーフィン代表で、藤沢市在住の 都筑つづき有夢路あむろ 選手(20)が、鈴木恒夫市長を表敬訪問しました。 都筑選手は、「平常心で臨みたい。海の上での選手同士の駆け引きにも注目してほしい」と意気込みを語り、鈴木市長は、「サーフィンのメッカから出場選手が出て市民も喜んでいる。金メダルを目指して頑張ってほしい」と激励の言葉をかけた...
    2021/07/23
    ニュース
    逗子市 靴磨き職人が子ども靴を養護施設に寄付 
    地域のために 逗子葉山経済新聞に逗子の靴磨き職人、子ども靴を養護施設に寄付 引き取った不要の靴をクリーニングという記事が掲載されていました。 逗子郵便局近くにあるレザーケアの店「Shoeshine Chum's Bar(シューシャイン チャムズ バー)」が履かなくなった子どもの靴を引き取りクリーニングなどのメンテナンスを施してから養護施設へ寄付する取り組みを始めたそうです。 店長の渡辺力さんはフラ...
    2021/08/31
    ニュース
    公式SNS