ニュース

横須賀市 神奈川県立海洋科学高校で水中ドローンの授業 慶應研究所員が指導、プールで操作体験も

水中ドローンは水中活動のプラットフォーム。大事なのは何をしたいか

DroneTribuneに神奈川県立海洋科学高校で水中ドローンの授業 慶應研究所員が指導、プールで操作体験もという記事が掲載されていました。
神奈川県立海洋科学高等学校(横須賀市)で6月2日、水中ドローンを学ぶ授業がおこなわれました。

情報を学ぶ生徒16人が、教室で水中ドローンの利点、仕組み、操作のポイントを学んだ後、学校のプールで水中ドローンの操作を体験しました。

授業はドローンの研究で知られる慶應義塾大学SFC研究所の所員、下田亮氏らが講師を務めました。

海洋科学高校では「海に囲まれた地域の海洋科学高校として、強みをいかした人材を育成したい」とのこと。

ちなみに人が特別な準備をしない場合は、水に潜れる深さは39mで、活動できる時間は最大10分に限られるそうです。

水中ドローンであればさらに深く潜ることが可能なため、手軽に海中の様子が見れる水中ドローンはロマンがありますね!

 

関連リンク

神奈川県立海洋科学高校で水中ドローンの授業 慶應研究所員が指導、プールで操作体験も

関連記事

  1. 土屋鞄製造所夏のワークショップ 【土屋鞄】牛革のマルチケース作り「夏のワークショップ」を全国5店…
  2. 江の島沖で水上バイクとボートが衝突して男性一人が死亡
  3. hiratsuka-city-stamp-abolished 葉山町 行政手続きの押印を9割廃止
  4. 鎌倉市 NAKAGAWA JURI×Seagreenのスペシャル…
  5. 鎌倉市 メーカーズシャツ鎌倉 インスタライブをEC掲載“心ある接…
  6. 二宮町 日用品および食品等の無償提供について
  7. 藤沢市 『オレンジ色のロマンス展』を7/17(土)~7/30(金…
  8. 破損した道の写真 鎌倉市 LINEを介した道路破損等通報システム運営開始

新着記事

おすすめ記事

  1. 説明会の様子
PAGE TOP