【茅ヶ崎 学びスポットレポ】茅ヶ崎 マンホールの蓋 - 「茅ヶ崎ならでは!」なマンホールの蓋に出会う
オリジナル 観光

【茅ヶ崎 学びスポットレポ】茅ヶ崎 マンホールの蓋 - 「茅ヶ崎ならでは!」なマンホールの蓋に出会う

2022/11/12

マンホールは路上のアート!

手軽で誰もが見ることのできる路上アートとして近年じわじわと人気を集めている「マンホールの蓋」。
マンホール愛好家を「マンホーラー」や「蓋女」と呼び、マンホールを探す活動を「蓋活」なんて言ったりするそうです。

何を隠そう、外出先での「蓋活」が趣味の筆者。
今回は、湘南の路上アート・茅ヶ崎編をご紹介します。

茅ヶ崎のシンボルがデザインされたマンホールの蓋

湘南・茅ヶ崎を象徴とするものといえば、えぼし岩がありますよね。

湘南を歌った歌の中に数多く登場する、茅ヶ崎のシンボル「えぼし岩」。

正式名称は「姥島(うばじま)」といいます。茅ヶ崎海岸の沖合約1.4kmにあり、高さは約14.6mです。

えぼし岩の地層は古く、1,200万年前と調査により判明しております。地層は砂岩層と火山層が縞をなしていて、海底に堆積した地層が隆起したものが波で形が削られて、現在の形になったといわれています

参照元:えほし岩 (烏帽子岩) の歴史 - 茅ヶ崎市ホームページ

そんな、茅ヶ崎市のシンボル「えぼし岩」が描かれたマンホールの蓋。

おすい(汚水)用や合流用等、「えぼし岩と海」が描かれたマンホールの蓋は市内の至る所で見ることができます。

 

同じデザインのマンホールの蓋でも、カラー版となると印象が変わりますね。
このカラーリングのマンホールの蓋は茅ヶ崎駅周辺等の大通りで見掛けることができます。

通常サイズはもちろん、小ぶりのマンホールもあります。
小さなマンホールが至近距離に並んでいる光景は、横浜銀行 茅ヶ崎支店の前で見られます。

 

茅ヶ崎駅北口から十間坂の交差点までの区間にある商店街「茅ヶ崎エメロード」には、ここでしか見ることができないカラーリングの「えぼし岩と海」があります。

配色が異なるだけで雰囲気が変わるのは面白いですね。
これも蓋活を楽しむ醍醐味の1つではないでしょうか。

尚、茅ヶ崎エメロードにあるマンホールの蓋は、車が通り抜ける交差点の真ん中にあるため、見学の際はくれぐれもご注意くださいね。

ホノルル姉妹都市協定締結を記念したマンホールの蓋

2014年10月24日、茅ヶ崎市とホノルル市•郡は姉妹都市協定を締結しています。

なぜホノルル市と姉妹都市なのかというと・・・
・温暖な気候・豊かな自然環境
・サーフィンの名所
・フラ(フラダンス教室)が活況
・えぼし岩とそっくりなチャイナマンズ・ハットがある
等、共通点が多いことから姉妹都市協定が結ばれました。

2019年、協定締結5周年を迎えた際には、記念のマンホールを2つ設置しています。

1つ目は茅ヶ崎駅北口の「名代 箱根そば」さんの入り口付近にあります。

ビーチサンダルやウクレレ等、両市に共通するモチーフが描かれ、5周年を記念した「5th」が大きく描かれています。

 

そして2つ目は、茅ヶ崎駅南口の近くにある「ドトールコーヒー」さんの前にあります。

茅ヶ崎市のシンボルであるえぼし岩とハワイのチャイナマンズ・ハットが描かれています。絵で見ると本当にえぼし岩とチャイナマンズ・ハットのシルエットがそっくりなのが分かります。

茅ヶ崎市広報キャラクター「えぼし麻呂」デザイン

最後にご紹介したいのが、茅ヶ崎市の広報キャラクターが描かれたマンホールの蓋です。

「ようこそ!茅ヶ崎市へ!」と、えぼし麻呂&ミーナが出迎えてくれる可愛らしいデザイン。
こちらは、ラスカ茅ヶ崎 南口自転車駐輪場の前で見ることができます。

最後に

茅ヶ崎市のマンホールは、よく見かけるデザインから珍しいデザインのものまで、茅ヶ崎駅付近で集中して見ることができます。駅周辺をぶらりと散策しながらマンホールの蓋を探してみるのも楽しいのではないでしょうか。

観光しながら、散歩しながら、カフェ探しをしながら•••。ぜひ、マンホールの蓋にも注目してみてくださいね。

地図

【えぼし岩と海のカラーマンホールの蓋】
■住所:〒253-0045 神奈川県茅ヶ崎市十間坂1-1-23付近

【5thデザインマンホールの蓋】
■住所:〒253-0044 神奈川県茅ヶ崎市新栄町9-26付近

【えぼし岩とチャイナマンズ・ハットのマンホールの蓋】
■住所:〒253-0056 神奈川県茅ヶ崎市共恵1-1-4付近

【えぼし麻呂&ミーナのマンホールの蓋】
■住所:〒253-0056 神奈川県茅ヶ崎市共恵1-1付近

関連リンク

えぼし岩 | 茅ヶ崎市ホームページ
知りたい!教えて!姉妹都市ホノルル! | 茅ヶ崎市ホームページ
ホノルル姉妹都市締結5周年を記念したデザインマンホールを設置しました! | 茅ヶ崎市ホームページ

【大磯 学びスポットレポ】大磯 マンホールの蓋 - ご当地マンホールは道端のアート!観光スポットを巡りながら、大磯らしいマンホールアートに触れる一石二鳥コース

【小田原 学びスポットレポ】小田原 マンホールの蓋 - ご当地マンホールの宝庫!マンホールアートを目印に観光スポットを巡る<前編>
【小田原 学びスポットレポ】小田原 マンホールの蓋 - ご当地マンホールの宝庫!定番マンホールからスペシャルマンホールまで<後編>

  • おすすめ記事

    【茅ヶ崎 グルメレポ】ポルベーカリー - 定番からオリジナルまで!美味しそうなパンに目移りしてしまうパン屋さん。カレーパンは必食!
    2021年オープンの比較的新しいお店 定番のパンも買いたいけれど、変わったものや新しいものも食べたい・・・という人は多いはず。 今回ご紹介する『ポルベーカリー』さんは、いつ行っても新商品が出ていてめずらしいパンも多く、ついつい目移りしてしまうパン屋さん。 もちろん、カレーパンやクリームパン、メロンパンなど定番品も最高に美味しいお店です。 場所は、以前湘南人の記事でもご紹介した南湖にあるデセール洋菓...
    2022/07/08
    オリジナル
    グルメ
    藤沢市 9月24日(土)にFMヨコハマで、綺麗な海を守るための特別番組を放送
    概要 9月24日(土)にFMヨコハマで、2つの特別番組「~CHANGE FOR THE BLUE~God Bless Saturday SPECIAL(13時~15時55分)」と「~CHANGE FOR THE BLUE~ Route 847 SPECIAL(16時~18時30分)」が放送されます。 これらの番組は、「神奈川 守ろう!私達の綺麗な海 実行委員会」が海ごみに関する啓発を目的として放送...
    2022/09/22
    イベント
    エンタメ
    小田原市 9月17日(土)より、小田原の歴史的建造物をモチーフにした「小田原食めぐりシリーズ」の販売を開始
    概要 小田原市の株式会社JSフードシステムは、9月17日(土)より、小田原の歴史的建造物と自社加工品を組み合わせた「小田原食めぐりシリーズ」の販売を開始した。 「小田原食めぐりシリーズ」は、パッケージに小田原の歴史的建造物のモチーフを採用した地域の特産品のお土産となっている。 シリーズは全4種類で、パッケージイラストと中身は以下の通り。 ・小田原城馬出門/ガリ昆布 ・清閑亭/鶏味噌 ・小田原ちょう...
    2022/09/24
    グルメ
    ニュース
    【藤沢 オープンレポ】テラスモール内のワークスペース「fastwork」-隙間時間のテレワークにおすすめ!
    2022年6月、辻堂駅直結の大型商業施設テラスモール湘南4Fに、ワークスペース「fastwork(ファストワーク)」がオープンしました。 テラスモール内のカフェでは、PCで作業されたり、資格の勉強をされたりしている方をよく見かけますが、店内が混んでいて、断念してしまった経験をお持ちの方もいらっしゃいませんか? 私もその一人です。 今回は、この新しいテレワークスポットを実際に利用して感じたことやおす...
    2022/07/04
    オリジナル
    公式SNS