【小田原 グルメレポ】うなぎ亭 友栄 - 超極上うな重と新鮮で元気なキモ 井戸を掘り水にこだわる関東屈指の名店
オリジナル グルメ

【小田原 グルメレポ】うなぎ亭 友栄 - 超極上うな重と新鮮で元気なキモ 井戸を掘り水にこだわる関東屈指の名店

2022/09/21

開店数時間で完売も 関東屈指の鰻店「友栄」

東海道を下ると、箱根口IC近くに「う」と筆文字で書かれた看板が見えてきます。
こちらは関東屈指の鰻店、2015年にミシュラン一つ星を取得したうなぎ亭 友栄です。

感動するほどのうな重とキモ(たれ)、そして押さえておきたい予約方法を紹介します。

以前立ち寄った際、まだお昼前にもかかわらずうなぎは全て売り切れ。
お店の前や駐車場の車内で待つ人がたくさんいて、そう簡単には食べることができない店と知りました。

うなぎ亭 友栄は、2015年にミシュランガイドに掲載された一つ星の店です。

きれいに整えられた店内は、手際よく次々と来客で埋まっていきました。

テーブル席や広々ゆとりのあるカウンター、個室は料金に10%加算で利用できます。

友栄のうなぎは、最上級とされている希少な青うなぎを使用しています。

世界的なうなぎ不漁と物価高騰のため、10月1日から値上げとなるそうですが、提供される料理のクオリティを考えれば納得がいきます。

敷地内に深さ100メートルの井戸を掘り、うなぎの水槽や料理に活かすことで臭みはどこにもありません。
素材を扱う水から大切にする、見えないこだわりに頭が下がります。

先代店主が辿り着いた小田原の地下水。
「水が美味しさを作る」と確信し、湧水を掘削。
鰻や料理を活かす水として大事に使っています。

参照元:うなぎ亭 友栄

こちらでうなぎを頂くには、事前にうなぎを確保(予約)する必要があります。

ホームページのお品書きをご確認くださいね。

うな重、割きたてのキモ、うなぎのしら焼きが名物です。
しら焼きは新鮮な生わさびをつけて、かば焼きとは一味違う味わい。

割きたてのキモも、「たれ」か「わさび」を選んで頂く贅沢な一品です。

照りのきいた濃厚で甘辛のタレにふっくらしたキモ、黄身をつけて頂きます。

白いご飯が無性に食べたくなる、または日本酒をちびりと飲みたくなる、とにかく美味。

うな重がやってきました。

肝吸いとお新香がついています。

お出汁のきいた熱々の肝吸いには、食べ応えのあるキモが入っています。

店員さんから山椒や追いタレなどの説明を頂き、忙しいにもかかわらず終始笑顔で丁寧だったのが印象的でした。

蓋を開けると、ご飯が見えないほどのうなぎ。

非常に肉厚な身が、四度付けのタレと共に口のなかでふわっと溶けて無くなります。

山椒は青々としていて香り高く、シビれはほんのりと舌に残る程度、上品な引き立て役です。

十分な量のご飯ですが、うなぎの厚さがご飯の高さと同じくらいなのがわかるでしょうか?

感動の美味しさです。

帰りがけ、女将さんから「皆さま長時間お待ち頂いてしまって、来てくださって本当にありがとうございます。」とお気遣い頂きました。

連日予約と行列の絶えない名店にもかかわらず、お客さまへの想いと暖かさを感じました。

 

さて、超極上のうな重を予約するにはまず電話(うなぎ亭 友栄 0465-23-1011)で、うなぎの確保(お取置き)をします。

席の予約はできないため当日の受付順となり、9月の土曜に行った時の待ち時間は、約1時間半程度。

駐車場は、店舗の前と道を挟んだ二カ所にあります。

P2に停めた方は、歩道橋を渡って店舗へ。

歩道橋から小田原の山々を眺めることができますよ。

2ヶ月前から前日までに電話でうなぎを確保し、当日店舗で受付を済ませます。

席が空いたら携帯電話に連絡をくれるので、大体の所要時間を確認しておきます。

待ち時間が長いようなら、歩きの方は斜め向かいの箱根ベーカリー風祭り店、お車の方は一夜城ヨロイヅカファームなど、小田原観光を楽しみながら待つのもよいですね。

あまりの美味しさに、感動すること間違いなしの名店です。

店舗紹介

【 うなぎ亭 友栄 】
■住所:〒250-0032 神奈川県小田原市風祭122
■電話番号:0465-23-1011
■営業時間:営業時間 10:00~16:00(L.O.) 但し品切れの際はご容赦下さい。
■定休日:毎週木・金曜日 ( 臨時休業 2022年10月11日 〜 10月14日 )
■駐車場:有

アクセス

風祭駅から 徒歩7分
入生田駅から徒歩10分

関連リンク

うなぎ亭 友栄 | ホームページ

  • おすすめ記事

    横須賀市 みみをすますように 酒井駒子 展
    酒井駒子初となる本格的な個展 横須賀美術館のホームページに「みみをすますように 酒井駒子 展」という記事が掲載されていました。 『よるくま』『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られる絵本作家・酒井駒子。 静謐さをたたえた美しい絵と詩的で思索的な文との響き合いは、子どもから大人までの多くを魅了し、日本にとどまらず海外でも高い評価を得てきました。 本展は、酒井駒子初となる本格的な個展です。...
    2021/08/12
    イベント
    【藤沢 グルメレポ】中華そば 瀧壺 - 鰹塩ラーメン!出汁がビシッと効いた旨味スープとコシのある自家製麺
    女性一人でも入りやすい雰囲気 藤沢駅にある「ODAKYU 湘南 GATE」は、2019年に「小田急百貨店藤沢店」から名称が変更されました。小田急電鉄と小田急百貨店が連携し、百貨店の売場づくりの強みと個性豊かな専門店を融合させた新たな商業施設。 こちらの3Fにある「ODAKYU GATE KITCHEN」は、地元で支持されているお店を中心に全6店舗が揃った、カジュアルに食を楽しむフードホールになって...
    2023/01/26
    オリジナル
    グルメ
    【寒川 イベントレポ】寒川神社 令和5年 迎春ねぶた - 迫力あるねぶたが御神門に登場
    平和とコロナ禍の終息を願う「迎春ねぶた」 湘南屈指のパワースポットのひとつとして、寒川神社があります。 【寒川 観光スポットレポ】寒川神社 - 全国唯一の八方除の守護神を祀る神社 そんな寒川神社では毎年恒例、年末年始のこの時期にしか見ることができない「迎春ねぶた」が展示されています。 「ねぶた」とは? 青森ねぶた祭は、七夕祭りの灯籠 (とうろう) 流しの変形であろうといわれていますが、その起源 (...
    2023/01/20
    オリジナル
    観光
    平塚市 企業合同就職面接会
    当日は、複数社の採用面接が受けられます 平塚市のホームページに「企業合同就職面接会」という記事が掲載されていました。 令和3年度は9月15日(水曜日)及び9月16日(木曜日)に開催します。 求人内容等の詳細は後日掲載します。 平塚市・茅ヶ崎市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町を中心とした、幅広い業種の企業による合同就職面接会です。 当日は、複数社の採用面接が受けられます。もちろん、企業説明を聞くだ...
    2021/08/13
    イベント
    公式SNS